パワハラで処分になる場合は?

画像引用元http://www.lifehacker.jp
パワーハラスメントとは仕事上の権力を背景にした嫌がらせであり、それに泣かされている人は少なくありません。

 

この言葉はいまでは広く浸透していますが、これを読んでいるあなたも被害にあったことがあるかもしれませんね。

 

パワハラではたいていの場合、加害者側は「職務上で必要な命令や指導だった」と主張して非を認めません。

 

あなたが上司のパワハラを会社に告発したいと考えているなら、きちんと証拠を取っておくようにする必要があります。

 

もし会社側にパワハラを訴えても取り合ってくれない・無視される場合には、それもまたパワハラのひとつと認定されることを会社に伝えるべきです。

 

きちんとした物的証拠があれば、普通の会社ならば何らかの処分に踏み切るでしょう。

 

ひとつの例として、私が実際に見聞したパワハラ事例を挙げてみましょう。

 

大学時代の友人の友人くらいの関係で、某有名企業で派遣社員として働いた女性の話です。

 

彼女が働きはじめてまもなく、新人の教育係である中年社員が残業を命令してきました。残業といっても内容は自慢話めいた仕事上のエピソードを延々と聞かされるだけ。

 

そして最後には「ぼくが奢るからこれから食事して帰ろうよ」と言ってきます。

 

彼女はその誘いを断っていましたが、ある日その社員が「こうやって残業代までつけてやってるのに断り続けるのは失礼だろ、下心があるとか思ってるのか」と逆ギレ。

 

翌日からその中年社員は、勤務時間中ずっと、彼女の電話対応から書類の揃え方までネチネチ指導を入れてくるようになりました。

 

その際には「人が親切に指導してるのに頭が悪すぎる、親の顔が見たい」とか「こんな調子じゃさっさと契約打ち切ってチェンジされるよ?」などの暴言を繰り返します。

 

周囲の社員から話を聞くと、その中年社員は派遣社員が入ってくるたびに、こうしたセクハラ・パワハラを繰り返していたようです。

 

腹を立てた彼女は、泣き寝入りをせずその社員を訴えることに決めました。実は彼女の親は法律事務所を構える弁護士だったのです。

 

もちろん企業のコンプライアンス室にも、その社員の悪行を証拠付きで告発しました。結局、その社員は降格された上で小さな営業所に飛ばされたそうです。

 

このケースでは会社側もそれなりの対応をしたようですが、パワハラに対する処分は注意や戒告などで済まされてしまうことも多く、まだまだ対応が甘いようです。

 

会社による厳しい処分を期待するよりも、まめに記録を取るなどの自衛策を取っておくほうが、現実的かもしれません。

 

あるいはパワハラに遭ったら、さっさと職場を辞めるという選択肢もあります。

 

我慢したあげく精神や身体に不調をきたして何年も棒に振っては、少々の損害賠償金を受け取っても割に合いません。

 

たとえ上司が会社から厳しい処分を受けても、あなたが受けたダメージがゼロになるわけではないのです。その点を考慮しましょう。

 

この記事が、あなたの問題解決のヒントになれればさいわいです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA