どこからがパワハラ?厚生労働省が定める6つの定義とは

画像引用元http://xn--mdkd7ewa1375cqh5b.tokyo/

職場の人間関係はストレスが付きものとは言え、度を越えて怪我をしたり心の病気になったりすることもありますよね。最悪の場合過労死や自殺に至るケースもあるほどです。

 

もしかしてこれってパワハラかも?でもパワハラって一体何?どこからどこまでがパワハラ?と悩んでいる人もいると思います。厚生労働省が定める6つのパワハラの定義をまとめてみました。

[ad#ad1]

1.身体的な攻撃

画像引用元http://mag.smarthr.jp

暴力・傷害

  1. 暴力とは→殴る蹴るなどの行為のみのこと
  2. 傷害とは→暴力によって怪我をすること

 

暴力行為のみで怪我をしていない場合は「暴力」になり、その行為により怪我をした場合は「傷害」となるそうです。

 

2.精神的な攻撃

画像引用元https://www.bengo4.com

脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言 

  1. 脅迫とは→生命・身体・自由・名誉・または財産に対して害悪を加える旨を告知すること
  2. 名誉毀損とは→不特定多数の者が認識できる状態において、事実を摘示し、人の名誉を毀損すること
  3. 侮辱とは→不特定多数の者が認識できる状態において、相手を軽んじ、はずかしめること
  4. ひどい暴言とは→礼を失くした乱暴な言葉。無礼で、むちゃな発言のこと

 

場合によっては、難しい定義ですが、人を馬鹿にする発言というのはどこかに当てはまりそうですね。当てはめてしまいましょう。

[ad#ad2]

3.人間関係からの切り離し

画像引用元http://goodluckjapan.com

隔離・仲間外し・無視

  1. 隔離とは→へだてて離すこと
  2. 仲間外しとは→のけ者にする、ハブること
  3. 無視とは→口を聞かない、いないものとして扱う

 

よくあるいじめですよね。中学生レベルのことをする人はパワハラの加害者にしてしまいましょう。

 

4.過大な要求

画像引用元https://www.vario-media.net/

業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害

実際の能力以上に大きな仕事を与えて来たり、あきらかに無理なスケジュールを押し付けて来たり、仕事の邪魔をしてくる嫌な奴は、パワハラにしてしまいましょう。

 

5.過小な要求

画像引用元http://yagi-coach.com

業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと

 

実際の能力にまるで満たないような仕事しか与えてこない嫌な奴、いますよね。

 

業務上たまにそういう時はあるかもしれませんが、毎回だったり何年も苦しんでいるのであればパワハラになるようです、してしまいましょう。

[ad#ad3]

6.個の侵害

画像引用元http://slism.net

私的なことに過度に立ち入ること

 

プライバシーの侵害ですね。定義は、私生活上の事柄を公開されたりすることだそうです。

 

どこまでがコミュニケーションで、どこからが侵害なのか難しいところですが・・・「過度に」というところの見極めが大切ですね。

 

一度客観的に問題を見直してから考えてみるといいかもしれないですね。

 

まとめ

画像引用元http://doragon.info

以上の6つが厚生労働省が定めるパワハラの定義の6分類です。毎日毎日我慢しているそこのあなたも、知らず知らずのうちにパワハラの被害者になっているのかもしれません。

 

パワハラとして訴えるには勇気と覚悟が必要ですが、怪我をして入院、辛くてうつ病になるなどどのみち仕事を続けて行けないのであれば、考えてみる価値はあるのかもしれませんね。

 

ただし、そうなった時に加害者は「暴力なんてしていない!暴言なんて吐いていない!」と言うと思いますので、ボイスレコーダーなどをポケットに忍ばせて証拠を取っておくことをお勧めします。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA