上司への報告・連絡・相談をうまく行う方法2つ

画像引用元http://toyokeizai.net

上司への報告業務、みなさんはいつもどのようにされていますか?

 

仕事が完了するたびに、なんとなく上司の元へ行って提出書類や前日の営業報告などをしているけれど、いまいち伝えきれていないことなどないでしょうか。

 

上司に報告する時には誰しも少し緊張してしまいますよね。

 

お互いに忙しかったりするとついつい簡略化してしまい、おろそかな報告になってしまう場合もありますね。

 

そこで今回は、上司に報告をする方法についてまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

 

  1. 細やかに正確にタイミングを見計う
  2. 不在の時はメールやメモをしてわかりやすくする

 

では、順に見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.細やかにタイミングを見計らって行う

画像引用元https://real-kekkon.com

任された業務や定期的に提出する書類などがありますよね。上司が忙しそうにしていたり、他の先輩や同僚などが報告をしている時などがありますよね。

 

自分も他の仕事があったり、社外の人の大事なアポイントメントがある場合もあるので、なるべくタイミングを見計らって報告を済ませたいですよね。

 

そして、可能である限り細やかで内容は明確にして上司に伝えられることがベストです。

 

忙しい時間の中で、しっかりと準備をしてから報告できるとよいですね。

 

帰社してから、上司に当日の営業内容を尋ねられ答えるときも、ごまかすことなくありのままの状況を話すようにしましょう。

[ad#ad2]

2.不在の時はメールやメモを添えて報告する

画像引用元https://www.goodspress.jp

上司に報告したくても、外出中や来客中、会議などで上司が席を外していて報告できないときがありますよね。

 

メールで報告内容の詳細を記載したものを送信したり、帰社したときに必ずわかるようにメモ付きで、提出書類をまとめたものをデスクに置いて退社しましょう。

 

もっと丁寧に行うのであれば、退社前に一本上司に電話を入れましょう。もし上司が出なかったとしても留守電に一言メッセージを残すとよいですね。

 

翌日に「○○さん、ここは…」と、報告の内容をすみやかに確認してもらえるようなものを提出できるとよいですね。

 

上司のスケジュールをチェックして、社内に一緒にいる時間がすれ違ってしまっていても報告の業務は忘れずに怠らないようにしましょう。

[ad#ad3]

まとめ

画像引用元https://nanapi.com

いかがだったでしょうか?上司への報告業務は簡単なようで、しっかりと伝わっているのかなかなかわりづらいものです。

 

報告が上手にできていると、お互いに信頼が強くなり人間関係がスムーズになります。

 

明確にして、誤解のないように報告ができるとよいですね。この記事を読んで、少しでも、あなたの力になれたならば嬉しいです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA