上司がウザい!話長いのを切り上げたい

上司がウザい!話長いのを切り上げたい

画像引用元  http://uz-press.com

話が長い上司、ウザいですよね。

つまらない話を延々と聞かせられるだけでなく、

その時間は自分の仕事も進められず残業確定、なんてことも珍しくありません。

 

そんな話が長い上司へ他の人はどう対応しているのか気になりませんか?

この記事では話が長い上司を持った人の体験談を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Q.話が長い上司で困った経験を教えてください。

回答1

私の直属の上司は話が長いことで社内では有名だったので、

仕事中もお昼休憩も帰りも、捕まらないようにみんな逃げていました。

でも私は逃げることが苦手なので、いつも捕まってしまします。

 

何が嫌だというと、全然興味のない話を延々にすることです。

一人でひたすらずっと喋っています。

仕事の話も一緒で、掘り下げて掘り下げて、

一言で済む話も2時間くらいかけて話始めます。

 

彼女は誰にも止められません。

 

私が朝遅刻をしてしまった時は、どうしてこうなってしまったのか、

なぜ、朝目覚ましを止めてしまったのか、今後の対策など、

仕事中に呼び出されて2時間弱も話合いをしました。

 

正直「たった一回の遅刻でウザいなー」と思いました。

お説教はそれだけで終わらず

最後に「以上の事を踏まえて今日中に反省文を書いて私に提出しなさい」と言われ、

ウソでしょ・・と思いました。

 

A4用紙一枚分。

ただでさえ午前中ほとんど仕事が出来なくて残業確定なのに、

反省文を仕事中に書いてる余裕なんてありませんでした。

 

またある時はランチに捕まってしまい、

よく分からないスピリチュアルな話を延々され、

休憩時間もとっくにすぎているのに帰してくれず、

結局2時間以上もランチして結果残業確定。

 

しかも、私の会社は基本残業代がでないので、

その上司に捕まった時はいつも無給で残っています。

わざと残らされてる気がして本当に嫌でした。

 

【管理人コメント】

遅刻に2時間説教した上に反省文ですか・・・。

仕事の能率がものすごく悪いですね。

 

お説教の腰を折るのは難しいかもしれませんが、

ランチの話が長いような場合は、

上司を心配するようなふりをして話を終わらせるのがいいかもしれません。

 

「もうすぐ昼休み終わりですね。△上司が怒られちゃったら申し訳ないです・・・」

と相手を立てるようなセリフで長話を切り上げるのがおすすめです。

回答2

私が1社目で働いていた時に次長の上司がいたのですが、とにかく話が長かったです。

 

上司の意向としてはいろんな情景を踏まえて、指導をしたかったらしいのですが、

話が回りに回って結局何が言いたいのかよく分からなかったです。

 

またコレに加え忙しい時にいきなり呼び出されて、

違う仕事を頼んできたりと正直ウザかったです。

 

とにかく仕事量が多く、

パソコンも古くどう頑張ってもマンパワーだけでは限界があるのに、

上司に捕まらないようにしなければなりませんでした。

 

もちろん残業も鬼のようにあり、

話が長いことによって残業をせざるを得ないようなものでした。

 

会社を退社する際も一向に退職届を受け取ろうとせず、

最終的には人事の人に退職届を出すことになりました。

 

これから残業出来なくなる世の中になるのに

あの上司がいる部署はどうするのでしょうか?

そろそろ話が長すぎることによって仕事が回ってないことに気づいて欲しいです。

 

【管理人コメント】

話が長い上司、困りますよね。

話が長い上司は仕事ができないことも多いため、

相手をしていると余計な仕事を増やされてしまうということも珍しくありません。

 

できれば、「△上司から呼ばれているので・・・」

「取引先とのアポがあるので」などうまく話を切り上げるようにできるといいですね。

 

しかし、事務職などで上記の手段が使えない場合は

この方のように退職を視野に入れてもいいでしょう。

回答3

以前勤めていた職場の上司なのですが、

その上司はくだらない話も仕事の話も非常に長く、

一度つかまったら最後30分はまともに仕事ができなくなる上司でした。

しかも、重要な会議では居眠りをしてしまうというぐーたら上司でした。

 

なるべく長い話に付き合いたくないので、

その上司が近くにきたら目線をそらすのですが、

その上司は自分が話したいがためにジーッとこちらをみてくるので、

ただただウザい存在でしかありませんでした。

 

特に残業時間は定時に終わりきらなかった仕事をしているので、

集中したいのですがその上司は仕事もせず、自分の話し相手になりそうな人を探し始めます、

それにつかまると何故自分がわざわざ残業して

話が長い上司に付き合わなくてはいけないのかという悔しさでいっぱいでした。

 

せめて仕事に関連する話であれば多少は許容できるのですが、

それが最近はまっている食べ物やこの間どこどこにいってきたなど、たわいもない話なので、

余計ストレスでした。

 

ただ、上司は上司なので、

その当時はぐっとこらえて愛想笑いで聞いていました。

 

【管理人コメント】

話が長い上司、どれだけ迷惑をかけているのか察してほしいですよね。

もちろん愛想笑いでごまかすというのも一つの方法ですが、

このタイプの上司は愛想笑いをしていると延々と話を続けます。

 

出来る限り角を立たないように、話を切り上げる方法を考えてもいいかもしれません。

 

その際は「自分がもう聞きたくない」のではなく、

顧客や他の上司との約束を理由にしたり、

長話の上司を気遣うふりをして話を終わらせるのが角が立ちづらくおススメです。

まとめ

話が長い上司の話を終わらせるためには、

なるべくこちらが会話の主導権を握ることが大切です。

 

相槌を打ちつつ話を聞きながら、

「○○さん、次の仕事の時間大丈夫ですか?」など相手を気遣うふりをして

話を終わらせてしまいましょう。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA