上司がウザくて復讐したい!

上司がウザくて復讐したい!

画像引用元  http://shinyafs.net

 

上司がウザすぎて復讐したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

でも失敗したら自分が職場にいられなくなるかもしれない・・・

と躊躇してしまうかもしれませんね。

 

この記事では嫌いな上司に復讐した人の体験談をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

Q.ウザい上司に復讐した人の体験談を教えてください。

回答1

私は駅員の仕事をしているのですが、

上司の中に一人本当に仕事はしない

基本的に部下に丸投げでパソコンゲームをしている最低の上司がいます。

 

私は今働いている駅にその上司と一緒のタイミングで異動して来ました。

前の職場でもこの上司はほとんど仕事をせずに、

パワハラで部下に仕事をなすりつけて自分は遊んでいたそうです。

 

そんなことをしているから部下に愛想つかされ、

人事権のある上司に普段のこの仕事をしない上司のことを

密告され飛ばされる羽目になったというのに

全くそのことを理解していないようです。

 

私も最初は我慢していましたが、

後輩が彼の餌食になっているのを見ていられず私自身で注意してみました。

するとすぐに非を認めて仕事をし始めました。

 

何だやればできるのかとその時は思いましたが

私がいないところで影げ口で「あんなガキに注意されるとはムカつく」

などと言っていたそうです。

 

私の我慢にも限界がありました裏でコソコソ言われるのが一番腹が立ちます。

私は駅の中でサブリーダーという役所に付いています。

簡単に言えば駅の係員のナンバー2です。

上司が沢山集まる会議などにも出席していました。

 

私は駅を代表して彼の仕事をしない風景をまとめた動画と

言動の数々をその会議で公開しました。

見事に彼はまたこの春で異動することとなりました。

とてもとても忙しい駅へ。

 

【管理人コメント】

何度失敗しても懲りない上司というのはいるんですね。

上司に復讐する場合は準備が大切です。

できるだけ細かく上司の日頃の態度を記録し、

できれば録音や録画などがあるとより説得力が増します。

 

第3者に見せたときに反論できないくらいの証拠を集めてから、

復讐をすると高い確率で相手を異動させたり退職させたりできることでしょう。

回答2

私は30代の正社員です。

現在の会社は女性ばかり4人の部署です。

課長は女性(既婚・40代)なのですが、すごく苦手です。

 

女性ばかりという条件もあるのでしょうが、

女性上司だけに仲間意識が強く、みんなでお昼を食べたがりますし、

みんなで食事会に行きたがりますし、

みんなで同じものを持ちたがります。

 

上司とお昼食べるのは息抜きになりませんし、

上司とアフターファイブなんてやっぱり嫌。

 

「この文具みんなでお揃いでもとう!、楽しくない?!」と言われ、

うざいのですが、

上司しかも女性なので、怖くて「そうですね~」(笑顔で共感)しかできない始末。

いつも割り勘でみんな自分の言うことしか聞かないし、

気を使って笑顔で相槌打つんだから、上司は楽しいんだと思います。

 

仕事はまじめにされていて、知識も多いのですが、

部下を信頼して任すのではなく、

「全件チェック」、「全件意見がいいたい」ため、

細かいことまで報告・確認が必要で、

自分の裁量がなく、モチベーション維持がきついです。

 

今日も、部長(男性)がいない時に課内ミーティングを行うことになり、

「甘いクリーム系のお菓子が食べたい!」と上司がいうので、

私は食べたくないのに(クリームが苦手)、30分かけて買いに行きました。

何も言えず、共犯者になってる自分が、なんか情けないやら悔しいやら。

 

【管理人コメント】

正面切って相手を訴えるのも復讐の一つの方法ですが、

相手の懐に飛び込み相手の弱点を探ることも復讐するためには大切です。

 

この方はまだ復讐には至っていませんが、

上司の傍にいることで相手の弱みや不正を目にする機会が増えるでしょう。

そのような証拠を具体的に集めてから行動するのをおすすめします。

回答3

飲食関係の会社で働いている時に、

新人の私にばかり仕事を押し付けてくるウザイ上司がいました。

その人が、最初に私の教育係だったので、ずっと従わざるおえませんでした。

 

私はそんなに仕事が出来るほうではなく、その人のせいで仕事が終わらず残業ばかり。

 

その仕事では、翌日の会議の資料は、各々自分で作成するのですが、

その上司は、私の勉強になるだろうと毎日私に押し付けて帰っていました。

 

もちろん、周りの人は誰も私がやっていることなど知りません。

翌日になると、当たり前のように私が作成した資料でプレゼンしていました。

 

ある日、疲れてきた私は復讐を考えました。

「そうだ!めちゃくちゃレベルの高い資料を作ってやろう!」と。

 

毎日、二人分をこなしている私は、いつの間にか上司のおかげで、

プロ並みにパソコンと知識が上達していました。

 

周りは手の込んだ資料を作る人はおらず、

その上司のものだけ(私のは普通)完璧なものを作りあげました。

 

プレゼンは大成功し、社長からも上司は誉められ、

もちろん、私が作ったとは誰にも言わず、

「ようやく自分の出番が回ってきた!これから活躍するのは自分だ!」

とテンションMAXでした。

 

その日の夜の飲み会で、社長の前で

「毎日、遅くまでアイディアを考えて資料を作ったんです。努力は報われるんですね。

これからも任せてください。」と大見得をきった上司。

 

最後まで私の名前を出さなかったので、次の日から復讐を決行!

回りがその上司に期待する中、

私は定時までに自分の資料を作成し終わらせて、

上司が席を外した際に帰宅。(帰宅と言っても、得意先への訪問後に直帰という体で)

 

会社携帯にバンバン着信が入るけれど、得意先に行ってることになってるので、無視。

 

翌日、後ろからファイルで叩かれて、「ちゃんと仕事はやって帰れ!」と小声で睨まれ。

私は「え?自分の資料は終わらせたのですが、

昨日も○○(上司)さんの資料作ったほうが良かったですか?」

と大声で言うと、顔を真っ赤にしてアタフタ。

 

それを聞いていた課長に「どういうことか?」と聞かれたので、

正直に話しました。

社長にも話がいったみたいで、

怒られたらしく私に仕事を押し付けることはなくなりました。

 

【管理人コメント】

スカっとする復讐方法ですね。

この方の能力の高さがよくわかるエピソードでした。

 

無理難題な仕事を押し付けられているということは、

裏を返せば復讐のネタになるということです。

復讐を成功させるためにも、自分の仕事能力をあげることはとても大切です。

まとめ

復讐と言っても様々な方法があります。

正面切って相手を追い出す方法もあれば、相手が自滅するのを待つという方法もあります。

 

どんな方法をつかうとしてもまずは自分の能力を向上させることと、

相手の悪行の証拠を集めていくことはとても大切です。

いざというときのために日ごとから準備をしておきましょう。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA