上司と合わない場合の対処法は?

上司と合わない場合の対処法は?

画像引用元  http://www.teq-lab.com

 

合わない上司と一緒に仕事をするのはつらいですよね。

どう対処したらいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

この記事では合わない上司へ上手く対処した人の体験談を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Q.合わない上司への対処法を教えてください。

回答1

仕事をしていく中で、どうしてもついて回るのが上司との関係性が挙げられると思います。

私が体験した、上司と合わないと思ったポイント次のような事でした。

 

営業として、いつくか同時にアプローチをした後に成功した時の事です。

獲得できた事は、私自身としても喜ぶべき事であるものの、

この上司はすぐにキャパオーバーになってしまうために

しわ寄せがどうしても下にいる私がのような人に回ってくるのです。

 

こうなってしまうと、助けないわけにもいきませんし、

逃げるという手段は選択肢にすら入ってきません。

こういうケースが幾度となくありました。

その中で私は、この上司との今後の関係性をどうしたものかと考えた結果が次のようになりました。

 

まず、キャパオーバーになるのは想定済みになっていたので、

上司の性格を把握した上で獲得した事をたて、機嫌を損ねず、

気分転換ができる環境を提供しながら、

後々の自分の負担を減らすようにと心がけるようにしました。

 

こうなるであろうという想定をしておくだけでも、

実際その状況になってしまった時には気持ちの面でかなり負担軽減となり、

ストレスをためる事のスピードをゼロには出来ないもののかなり減らすことが出来ました。

 

上司との付き合い方は、とても難しいですが、

少しの工夫をするだけでかなり変化をもたらしてくれるものだと

体験したことで再認識出来ました。

 

【管理人コメント】

上司の性格を熟知し、

上司を立てつつ自分の負担も減らすという素晴らしい対処法ですね。

 

普段からこのように行動できる人はきっと他の仕事に対しても応用が利いているはずです。

この方のようにまずは自分の行動を変えることで、やりやすい職場にすることがとても大切です。

回答2

私が今の会社に入社した時にいた上司です。

最初は人手不足の介護現場ということもあり、

入社してしばらくはそこまで言われることもなく過ごしていましたが。

 

しかしはじめての介護に戸惑い躊躇していることも増えてきたころ

上司が私に対して冷たくなりました。

私のやることなすことが目につくんでしょう、嫌悪感を私も感じていました。

 

できるだけ近寄らないことを徹底し、挨拶だけはしようと決めてやり過ごす毎日でした。

したらば上昇志向の強かった彼女は、他部署に移動となりあっさり私とは縁が切れました。

 

ともかくも嫌われたならば、諦めることだと思います。

そこから自分を良くしようとは思わないことです。

諦めることで、自分を楽にしてあげることになり

相手にも期待をしないことで仕事だと割りきれるようになります。

 

ただし挨拶だけは他のスタッフも見ているので必ず実行してください。

悪い縁は必ず切れます。信じて待つことです。

 

【管理人コメント】

一理ある意見です。もちろん自分の行動で挽回するという手もありますが、

そこまでの気力がないという人には「あきらめる」というのは良い手段です。

 

あきらめることで相手への期待がなくなるため、

「あー、また言ってるなー」と相手の行動が心に響かなくなってきます。

 

しかし、全てを投げやりにしてしまうと自分自身の評価が下がってしまうため、

この方の言う通り、挨拶や自分の仕事への取り組みは

しっかりとしておいた方がよさそうです。

回答3

性格の合わない上司というものは必ずいると思います。

もちろん合う上司もいますが、合わない上司の方が多いくらいです。

 

性格が合わない上に間違ってることを言われても口答えすらできないなんて、

ちょっともどかしいですよね。

それに毎日嫌でも顔を合わせなきゃいけないからストレスも溜まります。

 

上司にも色々なタイプがありますね。

少し逆らうとキレる上司や何を言っても聞く耳をもってくれない上司。

また、少し強く言っただけで泣いてしまう上司もいます。

 

私の上司は少し逆らうだけですぐにキレ、何か気にくわないことがあると態度に出し、

会社の雰囲気を悪くするような上司です。

部下の好き嫌いもハッキリしています。

 

私はあまり好かれてない方だと思います。

なぜなら絶対に目を合わせてくれないし、何か意見を言うと流されるからです。

最初のうちは気にして落ち込んでいましたが、

最近は対処法を見つけ、毎日の会社生活を楽しめています。

 

その対処法とは、上司に冷たくすることです。

自分は皆から信頼されている上司だと思い込んでいる人だったので、

冷たくすることで逆に私への対応が丁寧になりました。

 

々なタイプの上司がいますが、

性格を見極めて付き合っていくことが大切だと思います。

 

【管理人コメント】

合わない上司に合えて冷たくするとは上級者の対応です。

全ての上司に使える技ではありませんが、

この方のように上司の性格を見極めて使うには有効です。

 

冷たくされることで逆に優しくなる上司もいますし、

こちらに態度にあわせてよりきつく当たってくる上司もいます。

このあたりの見極めが肝心な対処法と言えるでしょう。

まとめ

合わない上司を対処するには、

まずは相手のタイプを見極めることが大切です。

 

この体験談のようにうまく対処ができれば、

仕事場でのストレスを減らすこともできます。

 

しかし、中にはこちらの行動だけでは全く変わらないような上司もいるため、

そのような場合は、上司の上司など上の人に相談することをおすすめします。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA