上司が合わない!もう退職したい・・・

上司が合わない!もう退職したい・・・

画像引用元  http://bullpennow.com

 

上司と合わないとつらいですよね。

退職を考えるほど追い詰められている人もいるのではないでしょうか。

 

でも、こんなことで辞めてもいいのだろうか、

どこの職場も同じなんじゃないかと躊躇している人もいるかもしれません。

 

この記事では、上司と合わず退職した人の体験談を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Q.上司と合わずに退職を考えた(退職した)経験を教えてください。

回答1

私が以前働いていた会社の上司は女性だったのですが、

彼女はいつも部下が失敗したり悩んだりするときは上司が助言をしたり、

話を聞いてあげたりすることが重要だと言っていました。

 

私は入職してすぐその言葉を聞いて、

こういう人が上司だったら働き甲斐がある会社なんだろうな。

この人について行ってみたいなと思っていました。

実際彼女は部下が悩んでいると個別に呼び出し話を聞いたり、

部下と一緒に食事に行ったりすることも多かったです。

 

私が働き始めて3年ほどたった頃、

その日勤務時間が午前までだった私は自分の残った仕事をするため少し会社に残っていました。

彼女は夕方まで勤務の予定だったので他の仕事をしていました。

たまたま私お客さんに話しかけられ対応していると、

話の内容は他の職員に対するクレームで他の部屋でその対応をするはめになってしました。

 

私の失敗ではなかったのですが、

ボイスレコーダーを持参していたお客さんの対応はとても気持ちが重く、

私はもう勤務時間ではないのにという気持ちもありました。

 

対応中に部屋の小窓から外をみると、

彼女がこっちを見ているのが見えましたが、

彼女が部屋に入ってくることはなく、結局私が1時間近く対応をしました。

 

部屋から出てお客さんを見送るためエレベーターの前に立った時、

エレベーターから出てきた彼女とすれ違いました。

 

その時、今吸ってきましたというほどのタバコの臭いがしたのです。

勤務時間外の私にクレーム対応をまかし彼女はタバコ休憩、

クレーム対応をしていることを知っていながら

なんのフォローもなかったことに私はがっかりしました。

 

それまで何かあったら上司が守ってあげないとと言っていたのは

口だけだったのかと怒りがこみ上げてきました。

 

ちょうど他の会社から一緒に働かないかという話をもらっていたのですが、

それまではどうしようか悩んでいました。

 

しかし、この一件がきっかけとなりこんな口だけ上司とは合わないと思い退職することにしました。

 

【管理人コメント】

口だけで調子のいい上司っていますよね。

「結局助けてくれないなら、最初から言わなきゃいいのに・・・」

と思うこともしばしばです。

 

しかし、上司もしょせん会社に雇われている身です。

自分の立場が危うくしてまで部下を助けてくれる上司の方が珍しいでしょう。

 

「何でも相談してね」とか「何かあっても心配するな」と言われても、

こちらも期待しすぎないことが大切です。

回答2

私が高校を卒業して初めて就職した会社の上司は本当に最低でした。

何といっても高圧的な態度。

そして高圧的な話し方がすごく嫌でした。

人を馬鹿にしたような物の言い方や態度が私には合わないので

何度も退職を考えながらも我慢をして仕事を続けてきました。

 

ところがあるひ会社の経営がうまくいかず、事務員の削減が行われることに。

その当時まだ20代前半だった私は社長に、

彼氏と結婚も出来るし

(当時彼氏はいましたが、誰にもはなした事はありません。

完璧に憶測で物事を言っています)

まだ若いので就職先はいくらでもあるという理由で解雇されました。

 

毎日残業もさせられ、

残業分のタイムカードを押すと経理のおばちゃんからは嫌な顔をされ本当に最低な上司&会社でした。

パワハラにモラハラ、本人たちは自覚してないと思うのですがすごく嫌な思い出です。

 

【管理人コメント】

最低な会社ですね。

本来であれば従業員の雇用は法律で守られています。

会社が危ないからと言って「明日から来なくていいよ」というように

簡単に解雇することはできません。

 

また、小さな会社ほどコンプライアンスに対する意識が弱い傾向があるので注意が必要です。

回答3

初めて就職した会社の上司が、本当に合わなかったです。

そもそも体調不良で1週間のうち、出社してくる日の方が少なく、

確認も決裁もとれず、グループの仕事は全くすすまなかったです。

話が長く、無駄話が多く、会議の大半は趣味の車の話をしていました。

 

初めての社会人経験でしたので、

当時はこの状態が普通なのかと悩んでいたものです。

社会人の会議って小学校の学級会みたい…なんて思ったものでした。

 

結局、退職するにいたるまで、この上司に尊敬できるところは見つからず。

そもそも社内で顔を合わせる機会も週一くらいしかなかったです。

体調不良で週3〜4日休んでいて、なぜ首にならないのか、いまでも疑問です。

 

そして、何より驚いたことは、そんなに体調悪くて会社にはろくにこれないにも関わらず、

彼には第三子が誕生!

え⁉︎元気じゃん!

と、退職間際にのけぞったのが、この上司との最後の思い出です。

もう、会うことないのが、1番の喜びです。

 

【管理人コメント】

新社会人の場合、「これくらい普通なのかな」と

社会の常識がわからず我慢してしまいがちです。

 

他の人の話を聞くと「うちの会社相当おかしいわ・・・」と茫然とすることもしばしばあります。

でも、最初に感じた「何か変かも」というインスピレーションは意外と当たるものです。

 

我慢しすぎず、おかしいかなと感じたら

他の会社に勤めている友人などに話を聞いてもらいましょう。

まとめ

上司と合わず、異動ができなかったり会社が何も改善をしてくれないような場合は、

退職を考えることも一つの選択肢です。

 

上司とは日常的に接するため、ストレスがたまると精神や身体を病みかねません。

 

いずれ辞めようと考えているのであれば、

今の職場で我慢している時間がもったいないため、

早めに転職活動を始めるのをおすすめします。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA