上司が嫌い!女上司や女を武器にする同僚にうんざり

上司が嫌い!女上司や女を武器にする同僚にうんざり

画像引用元  http://xn--gmqyys98nzba.biz

仕事ができない女上司や、

女を武器にした上司に近寄る同僚って本当に嫌ですよね。

 

本人たちだけでやっているならまだしも、

自分自身の仕事へ影響があると心底うんざりするでしょう。

 

この記事では嫌な女上司や女を武器にする同僚にうんざりした経験談をお伝えします。

 

Q.女上司や女を武器にする同僚にうんざりした経験はありますか。

回答1

若い頃ホテルの厨房で料理人をしてました。

当時は厨房は女性の働く場所ではありませんでした。

厨房で働く女性と言えば皿洗い程度でした。

 

そのホテルで料理人として働くのは私が初めてでした。

上司からは女性は体温の変化があるからという理由で

特に和食系の仕事はさせてもらえませんでした。

 

上司は女性の私が働くことを嫌いでいたようです。

 

けれど女性ということで負けたくなかった

私は重い寸胴も鍋も持ち男や上司に負けない気持ちで頑張ってたので

同僚には女性差別的なことはされず上司以外とは仲良くやれていました。

 

ところが皿洗いで入ってきた若い女が上司に取り入り、

料理人の仕事をするようになったのです。

長い髪にピアス、化粧、と女を前面に出してきたその女に対向するように

私は髪を切り男のような髪型にして働きましたが、

私は上司に嫌われておりその女は上司の愛人になってしまい

仕事の評価なんてなんの意味もなくなってしまいました。

 

上司に愛想をつかした私はホテルを辞めることにしました。

同僚からは止められましたが男と戦うより女と戦うことに疲れてしまったのです。

 

私が辞めたあとその女も辞めました。

理由は皿洗いのおばさんたちから愛人としての立場を責められいられなくなったようです。

その女は料理人ではなく最初から愛人という仕事をしてれば良かったのかも知れません。

その後私は小さな職場で女でも堂々と料理人の仕事をしています。

 

【管理人コメント】

女であることを差別して仕事を任せなかったくせに、

女を武器にして近寄る同僚にはコロッと態度を変える・・・、

嫌な上司ですよね。

 

女性であるという理由だけで仕事を任せてもらえないのは、

とてもつらい日々だったと思います。

 

しかし、女を武器にして上司に取り入ったということは、

この方だけでなく周りの男性の同僚からも反感を買う事でしょう。

 

長い目で見れば正々堂々と仕事をした人間の方が評価される可能性が高いと言えます。

 

回答2

これは私が歯科助手をしていたときの話です。

嫌いな上司は、ずばり、院長です。

 

女の院長、プライドが高く自分が1番でないと気が済まない、

そういったタイプの院長でした。

 

一緒に採用になった同僚は、ほぼ毎日出勤し、仕事も早く覚えるタイプの子でした。

私は、学校に通っていたため週に3日しか出勤できず少し遅れをとっていました。

そこで、私が院長のストレス解消の的になってしまったのです。

 

とにかく、何をするのも命令口調、仕事をやっても遅いなどの文句。

ほかの人たちもひくほどの差別でした。

 

その中でも1番ひどかったのは、ケーキ事件です。

珍しく、お客さんからもらったケーキをおすそわけしてくれた院長。

先に召し上がって?といわれたのでいただくと・・・

どう?変な味しない?これ賞味期限切れてるのよ。

といわれたんです。驚きました。そう、毒見させたんです、私に。

 

最低です。さすがに耐えられず、無責任でしたが何も言わずに辞めました。

こんなひどい性格の女はもう二度と出会いたくないと思います。

 

 

【管理人コメント】

医院や歯科医院など、1人の代表が仕切っているような職場の場合、

代表者が好き勝手にふるまうことが多いのが現状です。

 

他の世界では絶対にありえないような無茶な命令なども平気で下されます。

 

しかし、代表のみが力を持っている環境のため、

周りからの意見を聞くようなことはめったにありません。

 

このような職場だった場合、可能であればすぐに退職して他の仕事を探すことをおすすめします。

 

回答3

直属の上司が女性でした、

海外での勤務だったので、直属の上司以外は全部海外スタッフでした。

日本人スタッフが私と上司しかいないような環境でした。

 

なれない海外生活だったので、通常は上司のフォローがあってもいいと思います。

それなのに、三年勤務して一緒にご飯にいったのは一度だけ。

びっくりしました。交流もなにもありません。

上司は、新婚だったせいかもしれません。

 

なにかというと、すぐ休む。

そうすると、現地スタッフとのやり取りは全部わたしになる。

仕事量が半端ではなかったです。

したこともない、パンフレットの作成を押し付ける。

 

それに、上司は現地の言葉がはなせませんでした。

おかげで、現地スタッフとのやりとりのさいに通訳業務も加わります。

わたしはそのたびに、仕事を中断して通訳をしなければなりませんでした。

 

現地の言葉覚えてほしいです。

通訳業務も入るのであればその分のお給料がほしかったです!

 

【管理人コメント】

仕事ができない女上司の尻ぬぐいは大変でしたね。

海外勤務で現地の言葉が話せないというのも致命的です。

他に同僚がいない分、プライベートまで上司のお世話をしなければならないのは、

うんざりしたことでしょう。

 

最近は女性の権利が守られやすく

そのしわ寄せが男性社員のみにのしかかる、

逆差別も問題になり始めているようです。

 

まとめ

女上司は男性上司と違い正攻法で攻めるのが難しいと言われています。

特に男性社員が女性上司や同様に文句を言うと、

すぐに「セクハラだ」「パワハラだ」と言われかねません。

 

会社も女上司ははれ物に触るように扱う傾向が強いため、

嫌な女上司や同僚にあたってしまったら、

お気に入りになるように努力するか、上司が異動になるまで待つか、

退職するかの選択肢からしか選べないのが現状です。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA