上司が怖い!嫌いな上司と一緒に働きたくない

上司が怖い!嫌いな上司と一緒に働きたくない

画像引用元  http://and-plus.net

上司が怖いとだんだんその人の子とも嫌いになってしまいますよね。

人間、恐怖を感じる人間を嫌いになっていくのは自然な感情です。

 

しかし、仕事である以上簡単に環境を変えるのも難しいと

悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では上司が怖くて嫌いになってしまった経験がある人のエピソードを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Q.上司が怖くて嫌いになってしまった経験を教えてください。

回答1

私は飲食店で働いていますが、気分屋の店長が嫌いです。

自分では頑張って早く動いているつもりですが、

私はおっとりしているらしく、店長に嫌われているのか、

同僚と同じ事をしていても、いつも私だけ怒られます。

 

なので、店長と同じシフトの時は恐怖で、体調が悪くなります。

覚悟を決めて出勤して怒られないように、

店長の機嫌を損ねないように気をつけながら働いていますが、機嫌がいい時は怒られません。

 

同じ事をしていても、昨日は怒られたのに今日は怒られない…意味がわかりません。

 

最近は、仕事に行こうとすると熱が出たり、めまいがするので、

病院に行ったら、先生に「貧血とストレスですい臓が悪くなってるから、

一週間ぐらい休んで様子を見ましょう」と言われたので、

店長に話したら「俺も腰が悪くて医者に休むように言われてるけど頑張ってる!

医者が休め言って休むなら、死ね言われたら死ぬか?死ねよ」

と言われショックでした。

 

このまま一緒に店長とは働けないと思い、お店を辞めようと思っています。

店長と話をするのも嫌で、また何か言われたら…考えたら怖いですが、頑張って辞めます。

 

【管理人コメント】

医師からのアドバイスがあるにもかかわらず、

そのセリフは言語道断、パワハラです。

 

現在退職したいという方向に気持ちが傾いているのであれば、

決心が鈍らないうちに退職することをおすすめします。

 

そんな上司の下で働いて体を壊してしまう必要なんて一切ありません。

回答2

2年前に働いていた職場で、私は学校事務の仕事をしていました。

この仕事は1年毎に担当が替わるので、

私も入りたてから退職までの間、引き継ぎ作業等に追われる毎日。

いっぱいいっぱいの状況下でも、

容赦なく色々な業務依頼が飛んできて、毎日ヘトヘトでした。

 

私は教師の席に挟まれたスペースにデスクがあり、1番苦手な上司が横にいる状態。

上司は班長。学校に長く携わっており、大ベテラン。
見かけは優しい穏やかなダンディに見えましたが、

一緒に仕事をしていく中で、

その中身がかなり嫌な感じである事を知っていきます。

 

私と班長の年の差は30歳くらいなのですが(班長が年上)、

そりゃあ私もまだまだ世間を知らないとか知識が浅いとかありますけど、

必ず難しい話を私にしてきては「これくらい当たり前知ってるよね?」

というように話しては、私が「申し訳ございません、

その事については私はわかりかねます。ご教授頂けますか?」と返すと

「これくらい知らないヤツと話してもな」

と嘲笑し周りの先生方に言いふらしネタにしていました。

それが必ず1日に1回。苦痛でした。

 

先にも話しましたがこの仕事は1年毎に担当が替わる為、

引き継ぎの資料がきちんとまとめられていなかったりして曖昧過ぎてとても苦労しました。

 

その為班長に不明な点を報告して

「曖昧過ぎて正確な作業が出来ないので、班長一緒に確認して頂けますか?」と依頼すると、

「マニュアル見て。その通りに進めたら大丈夫でしょ。」と突っ返されました。

 

作業後は必ず班長の最終チェックがあるので、

間違いがあればそこで指摘されるだろうか?…と不安になりつつ

マニュアルを読みながらどうにか1人で作業。

そして班長へ提出。班長はスラスラとチェックしてササッと決済。

ところが不備があったらしく、上から返戻。

その時の班長の怒りようは半端ありませんでした。

 

不備を出した自分も悪いです。でも班長最終チェックしましたよね?と思いましたが…

逆らえず結局皆の前でガミガミと叱りを受け、また1人で修正に入りました。

自分のミスではあるけれど、苦しかったです。

 

私が飲み食いする物にもいちいち嫌味を言っていたので、

私は飲み食いする物も気を張っていました。

 

とにかく退職までの1年間、班長の嫌味を毎日浴びせられ、苦しみぬきました(笑)

 

嫌われていたんだろうなぁとつくづく思います。

でもあの日々を過ごしぬいた私は、少しだけ強くなった気がします。

 

【管理人コメント】

自分自身の行動をいちいち笑われたり、

いじめられるネタにされるのは苦痛ですよね。

 

教師にもかかわらず人の気持ちを踏みにじるような人間は嫌いになって当然です。

でもすぐに辞めず1年間仕事を続けられた経験はとても大切です。

決して無駄にはならず自分自身の財産になっていると思います。

回答3

私が過去に出会った嫌な上司は男性です。

しかし他の女性社員よりもネチネチしててたちが悪かったです。

裏表の激しい上司は私にとってとても怖い存在でした。

 

例えば仕事の事や悩みを相談しても他の社員に言いふらし

終いには他の従業員に私を陥れる様に指示していたそうです。

その事を知り会社の上司とは何なのか全く信用することが出来ず

 

上司としての器のなさから尊敬することが出来なくなりました。

よく女性の職場で女上司はキツイと聞くけれどこんな男性もいるんだなと驚きました。

 

そしてその上司は自分のミスも部下や後輩のせいにする人です。

なので自分のミスには甘いくせに下には厳しいモンスター上司でした。

 

この上司が嫌で辞めていった人もたくさんいます。

私がなんとか頑張れたのは他の先輩方が支えてくれたからです。

 

この上司は自分には人をまとめる力があると

勘違いしているところがまた痛々しくて大変でした。

 

【管理人コメント】

女性よりも男性の方が仕事に関してはねちっこかったりいますよね。

女性よりもたちが悪いです。

 

周囲に助けてくれる人がいないのであれば転職を強くすすめますが、

味方になってくれる先輩がいるとのこと。

上司は最悪ですが良い職場に恵まれましたね。

まとめ

上司への恐怖からその上司自他を嫌いになってしまうと

仕事自体がストレスに感じてしまいます。

 

周りの人も同じように感じているのであれば、

愚痴ってストレスを発散したり、

一緒に上司の悪行を会社に訴えたりするのもおすすめです。

 

しかし、周りの助けや理解もなく、会社も頼りにならないようであれば、

自分自身の心と体を第一に考え退職や転職を考える必要があります。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA