上司が怖い!退職を考えた体験談

上司が怖い!退職したいと思った体験談

画像引用元  http://toyokeizai.net

 

上司が怖くて職場の雰囲気も悪いと仕事に行くのがつらいですよね。

解決できないのであれば退職したほうがいいのではないかと

考えるほど追い詰められている人もいるのではないでしょうか。

 

この記事では上司が怖くて退職を考えた人の体験談を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Q.上司が怖くて退職を考えた経験談を教えてください。

回答1

技術系の仕事をしています。

ある程度経験年数と、知識が備わっていれば

難しい求職活動をせずすぐに職場を選べるのがメリットです。

ただしどこの職場にもボスのカラーがあるため、

それに合わすことができなければ、

いくら仕事が確かで早くても長くは働けません。

 

私が2ヶ月間働いたある職場は、表向きは仲が良さそうですが、

影でボスの悪口を言うなどがあり、

先輩とボスの意思疎通がうまくいっていないところでした。

 

ある時ボスの指示を受けて仕事をしようとしたところ、先輩が違う指示を持ってきました。

そこで私はボスから受けた指示内容を説明すると、

無視していいから先輩の言う通りにするように言われました。

 

最初は断りましたが、何度かそのような押し問答があり、

結局折れて先輩の指示通りにしようとしたところ、

ボスに右腕をつかまれ動けない状態でその場でしばらく罵倒されました。

 

先輩は自分の指示をボスに告げることもなく、あとからこっそり私に謝ってきました。

(先輩が指示をしたことからここまでのやり取りは全てボスにも聞こえています。)

 

後日退職の希望を伝えると、指示を守れないのは最低だと言われ、

先輩のことを話して反論する気力もなかったのでそのまま黙って辞めました。

先輩もボスも怖い職場でした。

 

【管理人コメント】

職種や職場のカラーってありますよね。

他業種からすると理解できないような対応でも、

その業種では当たり前みたいな文化があったりします。

 

もちろんその職種で働く以上受け入れなければいけないという部分もありますが、

逆に言えば新規の人間が入りづらい職種とも言えます。

 

そのためある程度経験を積み仕事ができるようになれば、

売り手優位で転職することも難しくありません。

 

仕事をさっさと覚え経験者としてより良い条件の職場に転職することをおすすめします。

回答2

数年前に勤務していた会社の話です。

当時の上司は部長で私が退職するまで同じ営業部でした。

会社には年に何度か通常月の成績の2倍から3倍の成績を求める重大月があり、

その活動は二ヶ月前くらいから始まります。

 

その重大月の二ヶ月前に家庭の事情で二ヶ月後に辞めることを伝えたところ、

それなら早いほうがいいと言われ今月いっぱい(3日後)で辞めるように言われました。

 

その月にはボーナスもあり有給も一ヶ月ほどありましたが、

営業部の成績は職員の数で割られているため、

退職する職員の成績が見込めないため切り捨てられました。

 

当初は有給もボーナスももらってから退職するつもりでしたが、

もともと給料も少なかったので会社に居づらくなるよりは

急に辞める形にはなるけど早めに退職したほうが良いと判断し

不本意ではありますが了承しました。

 

そして私が入社した頃の教育係の上司で結構おせっかいな人が辞める話を聞きつけ、

私の承諾なしに部長に掛け合ったところ激怒し呼び出され、

あり得ない成績を提示され出来ないなら辞めろと怒鳴られました。

そして退職するまでの数日も会社に居づらくなりました。

 

【管理人コメント】

退職が決まった人間は数カ月先と言わず

さっさと辞めてほしいと考えている会社は意外と多いものです。

 

しかし会社側がそれを労働者に強要するのは違法です。

 

精神的に耐えられるのであれば、

ボーナスなどもらえるものはもらってから辞めることは

誰からも責められることではありません。

回答3

私は1年9カ月うどん屋で働いていました。

その時に入ったばかりの上司はまあまあ良かったのですが、

その上司がクビになって私とよく親しくしていた人が上司になりました。

 

それでその人がだんだん横着な態度をとりだして、

よく喧嘩やいじめなどをするようになりました。

 

私の会社は障害者が働く会社だったので、働く時間を短くしてほしいと社長に伝えたのですが、

陰で、「普通寝られるやろ。」と言われとても悔しい思いをしました。

私は健康な人と違って薬を飲んでいるので。

 

後、長話をして帰れなくさせられたり、残業を毎日のようにさせられたりしました。

なので、新しく入っても辞めていく人がほとんどでした。

 

私は父が仕事に厳しいので、「今は辞めるな。もう少し頑張れ。」

うっとうしいくら言われていました。

 

本当の気持ちは「そこまでして頑張る意味が分からない」という気持ちです。

 

【管理人コメント】

「そこまでして頑張る意味が分からない」その通りです。

自分の心と体を犠牲にしてまで頑張る必要はありません

薬を飲んでいるのであれば、自分の体調を第一に考えましょう。

まとめ

上司が怖くて退職を考えている場合、本当に解決できないのか冷静に考えてみましょう。

周囲の人間に相談したり、会社のしかるべき窓口に訴えることで解決の見込みがあるのであれば、

社内で解決するのが一番いい方法です。

 

しかし会社ぐるみで救いようがないと考えるのであれば時間の無駄ですから、

早めに転職するのをおすすめします。

自分の心と体を壊してしまっては大変です。

まずは自分自身を第一に考え一番いい方法を選んでください。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA