理不尽なことでキレる叱る上司の特徴と対処方法

地獄のような会社生活をいつまで送る気ですか?

今、あなたが辛いのは、あなたのせいではありません!環境のせいです。環境を変えて、自然体で楽しく働ける会社を探してみませんか?

想像してみてください。

「仕事が好き」と言えて、ストレスフリーで毎日を楽しんでいるあなたを。
上司と仲良く気軽にしゃべり、同僚と笑いながら、楽しんで仕事をしているあなたを。

人間関係の根本的な解決は非常に難しいです。結局は転職が最強なのです。

いつでも転職出来る準備をしておいた方が間違いないし、堅実ですよ!

↓リクナビに登録しておこう↓

画像引用元http://goodluckjapan.com

仕事で失敗をして叱られるのは当たり前・・・なのですが、「そんなことで!?」「そこまで言う!?」という上司もいますよね。

 

いわゆる、“キレやすい上司” です・・・。

 

キレられても、こちらの能力が上がるわけでも、仕事が片付くわけでもありません。

 

ただ感情をぶつけられているような気さえして悲しくなってくるし、その上司の顔を見るだけで「次は何を怒られるんだろう・・・」とビクビクしてしまったりして、出来る仕事も出来なくなってしまうことありませんか?

 

今回はそんな「キレやすい上司」の特徴と対処法を考えてみましょう。

タイプ別!キレやすい上司の特徴と対処法

画像引用元http://www.lifehacker.jp

キレやすい上司の特徴についてみていきましょう。

1.心に余裕が無いタイプ

画像引用元http://and-plus.net

特徴

 

仕事のことであったり、家庭環境や他のプライベートな理由や、今までの生き方による固定観念の影響で、心に余裕の無い人の場合です。

 

「こうでないといけない」「こうしたほうがいい」「これでは駄目だ」という気持ちが常に渦巻いており、少しでも外れるとキレてします。

 

つまり、“部下のマイナス探し”に無意識に勤しんでしまっているのです。

 

もちろん人間には悪いところもあります。でも、反対に良いところもあるのです。

 

上司たるもの、部下の良いところを伸ばす為に叱咤をしなければならないのに、キレるという感情的な言い方では、部下の悪いところをもっと悪くしてしまう可能性があるのです。

対処法

 

イライラしていて常に心の余裕が無いのです。仕事とは、部下とは、こうでなければならないという考えに縛りつけられて頭がカチンコチンになっているのです。

 

こういう上司には、こちらから心の余裕を与えてあげましょう。上司の考えや価値観だけが全て正しいというわけではないのです。

 

上司の感情的な意見に対して冷静な言葉で「私はこう考えこう思いこう感じて、それが正しいと思い行動しました。」と淡々と伝えてみましょう。

 

上司の考え全てで仕事をして行くわけではないということをじっくり伝えて行けば、「自分の考えを少し押し付けすぎていたのかも」もしくは「この部下は自分の思う通りにならない」と思うはずです。

 

部下には部下の考えや気持ちがあることを知ると、部下(他者)の心を自分の心に入れることとなります。自然と自分だけが正しいという感情は抑えられ心の余裕が生まれることでしょう。

2.叱ることが上司の威厳だと思っているタイプ

画像引用元http://winfriede.com

特徴

 

部下に馬鹿にされたくない!」という気持ちが強いのかもしれません。

 

相手を理不尽な理由でわざと追い詰めて、こき下ろすことで自分が上だと認識させるマウンティングの行為ですよね。

 

部下はもちろん上司にとって下の立場ですが、同じ仕事を共にする仲間でもあります。

 

協力して仲良くやって行こうと思ったほうが仕事は上手く行くことのほうが多いです。

 

威厳と言うのは無理に作るものではなく、自然に染み出すことだということを理解していないということですね。そういう上司に限って染み出す威厳というのは少ないのです。

 

対処法

 

部下の上に立つのは良いことですが、上から押さえつけるようなことをするのが間違っているのです。

 

理不尽な理由でキレられた時は、①と同じで冷静に対処することが必要です。誠心誠意仕事をしたのであれば、堂々としましょう。

 

「私には至らない点はあるかもしれませんが、私なりに精一杯努力いたしました。」と言うのです。

 

そして、「○○上司にはこういう点を認めていただいています」「○○さんからはこう声をかけていただきました」と他の上司や上司の上司の意見、お客様の意見を組み込んでしまうのです。

 

この世界にはキレる上司とそれを言われる部下2人しかいないような雰囲気になってしまうことが、一番よくありません。

 

自分の意見だけで部下を丸め込もうとしていた上司は、この部下は自分だけで丸め込めないと知れば少しおとなしくなることでしょう。

まとめ

画像引用元http://www.okwave.com

今回は大きな特徴を2つに絞り考えてみました。

 

上司と部下って、強い弱いの関係ではないんですよね。立場は違えど共に仕事をする同士なのです。

 

それを、勘違いして自分の価値観や考えだけが正しくて、部下はそれに従うだけと思い込んでしまう人はキレやすい上司になるようです。

 

上司の勢いや脅しのような言動に負けず、もしくはするりと交わして、自分を少しでも有利に持って行けるといいですね。

地獄のような会社生活をいつまで送る気ですか?

今、あなたが辛いのは、あなたのせいではありません!環境のせいです。環境を変えて、自然体で楽しく働ける会社を探してみませんか?

想像してみてください。

「仕事が好き」と言えて、ストレスフリーで毎日を楽しんでいるあなたを。
上司と仲良く気軽にしゃべり、同僚と笑いながら、楽しんで仕事をしているあなたを。

人間関係の根本的な解決は非常に難しいです。結局は転職が最強なのです。

いつでも転職出来る準備をしておいた方が間違いないし、堅実ですよ!

↓リクナビに登録しておこう↓

無料悩み相談!

無料で相談、愚痴聞きますのでお気軽に登録&問い合わせくださいね♪

スマホの方はこちらをタップ!

友だち追加

パソコンの方はこちらスマホで読み取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA