上司が暴力を振るう!ブラック企業の上司の特徴と対処方法

画像引用元http://bengoshihoken-mikata.jp

パワハラ」つまりパワーハラスメントという言葉が世に出始めてから、減ったとは思いますが、未だに暴力をふるう上司は存在するようです。

 

殴られて怪我をした、怪我はしていないけど精神的苦痛を伴ったなど、心身を壊してまで我慢する必要はありません。

 

そんな人として最低な上司に出会った時に毅然と立ち向かう為にも、知識と言う武器を身につけておきましょう。

 

今まさにそんな暴力上司に困っているという人に、ぜひ明日から使える対処法を教えます。

[ad#ad1]

1.暴行、傷害行為をする上司の特長

画像引用元http://meigen.keiziban-jp.com

人として最低な行為をしてしまう上司とは、どんな特徴があるでしょうか?

 

1.家庭では立場が弱い

画像引用元http://muah.red

ジャイアンがそうですね。怖いお母さんにいつも叱られてしまう為、外で発散をしたくてしょうがないのです。

 

お母さんの他に、奥さんや自分の親ということも考えられます。

 

2.コミュニケーションのキャパが狭い

画像引用元http://toyokeizai.net

人は言葉や身振りでコミュニケーションが出来る高等な生き物ですが、中にはそのキャパシティーが狭い人間がいるようです。

 

そのため自分のキャパを超えるとつい手が出てしまうようです。発達傷害の人に多いと言われています。

 

3. 完璧主義

画像引用元http://www.nichibeieigo.jp

部下にはこうあってほしい、このくらいのことは出来てほしいという自分勝手な完璧主義を当てはめて来る上司がいます。

 

部下には部下のペースややり方があるのですが、部下だからと言う理由で押し付けようとして、それが出来ないとイライラして手が出るようです。

[ad#ad2]

2.どう対処するべきか

画像引用元http://dekirubuka.com

上記のような上司にはどんな対処をしたら良いのでしょうか?

 

1. 証拠を取る

画像引用元http://www.sony.jp

常にボイスレコーダーを携帯し、証拠集めをしましょう。

 

ボイスレコーダーは家電量販店で7000円前後で買うことが出来、24時間以上電池が切れないまま録音出来ますからポケットに忍ばせておくだけで大丈夫です。

 

ですが、どうしても無い場合は、小さいメモを持ち歩き、何時何分何処でどんな事をされたか常にメモしておきましょう。

 

診断書を取ることも効果的です。小さな怪我程度でも必ず病院へ行き診断書を取りましょう。

 

ボイスレコーダーやメモの日時と、怪我の様子と日時が一致すれば完璧な証拠となります。

 

2.本人に自覚させる

画像引用元http://kiirowa.biz

証拠をしっかりと取った上で、本人に自分は暴力上司だと言うことを伝えてしまいましょう。例えば、

 

「この一ヶ月の間であなたにこのようなことをされ、怪我をしました。私は病院へ行き治療をしました。これは厚生労働省が定める暴行・傷害のパワハラの定義に当てはまります。証拠も診断書もあります。止めないのであれば他の上司もしくは第三者機関に相談します。」

 

と、れっぽいワードをいつくも盛り込み、自分はパワハラ上司だと自覚させるのです。

 

パワハラをするような上司は自分が正しく相手が間違っているので相手が悪いと思っていますが、それは自分と相手との1対1の場合のみしか当てはまらないということも頭の隅では分かっています。

 

なので、医師、他の上司、第三者機関などに知られることはあってはならないことなのです。

 

加えて証拠があるなんて言われたら、すみやかに止めてくれる場合も多いと思いますよ。

 

気をつけてほしいことは、他の上司に言う場合です。証拠も無く暴力をふるわれたと言っても信じるのは難しいですよね。

 

きちんと証拠を取った上で、信頼出来る他の上司などに相談しましょう。信頼関係が無い人だと証拠を取り上げられ事実無根にされてしまうこともあります。

 

そういった可能性がある場合は最初から第三者機関にしておきましょう。

[ad#ad3]

3.第三者機関に相談する

画像引用元http://nagasaki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp

2の方法を取っても上司が代わらなかった場合は、いよいよ第三者機関に相談をしましょう。

 

第三者機関と言っても様々なところがあります。代表的なのは労働局、法律家です。

 

パワハラ、DVの無料相談窓口もお住まいの自治体でやっている場合が多いので、市役所に聞いてみるといいと思いますよ。

 

中には会社へ物申す権限を持っているところもあるでしょう。

 

証拠を元に相談した結果、法的に動いたほうが良いのであれば、裁判所へ調停の申し立てをします。

 

調停は裁判を行う前に、解決の道を探る為の、言わば話し合いの場です。人生経験豊かな調停委員達が話を聞いてくれて和解に導いてくれます。

 

朝廷は書類の費用2千円程度で行えるものです。

 

会社へ朝廷の申し立ての書類を送ってしまえば、暴力上司にかなりのストレスを与える事ができます。

 

そこで止めてくれれば本当に調停をする必要はありませんし、暴力からも開放されるでしょう。

 

調停を行い不調になった場合はいよいよ裁判となりますが、証拠をしっかり取ってあれば勝訴になるはずです。ここで必ず勝つために、最初にしっかりとした証拠が必要になるのです。

 

相手取るのは本人もしくは会社単位となりますが、気を強く持って望みましょう。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元http://meigen.keiziban-jp.com

裁判まで行く例はほとんど無いとは思いますが、暴行・傷害は立派な犯罪です。泣き寝入りなんてことは絶対にしないでください。

 

相談機関は今はたくさんありますし、誰にも言えない事であればネットで相談するなども出来ます

 

自分に合う相談先を探してみてくださいね。あなたが少しでも楽になれることを願っていますよ。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA