話を聞かない身勝手な上司の特徴と対処法3つ

画像引用元http://shigotoyametai.info

仕事の内容について報告がしたい、意見を聞きたい、上司の意見に意見しなければならない時など上司に話を聞いてほしい時はたくさんありますよね。

 

すぐに話を聞いてくれる上司なら良いのですが、全く話を聞いてくれない上司が世間には多いようです。

 

その特徴を大きく2つに分けて対処法を考えてみましょう。

[ad#ad1]

タイプ別! 話を聞かない上司の特徴と対処法

画像引用元http://kasaikaori.com

1.権威主義タイプ

画像引用元http://rino1194325.blog.fc2.com

特徴

 

何か提案をしたり、上司とは異なる意見を言うとすぐに怒鳴って来たりします。

 

「部下は上司の言うとおりにやっていればいいんだ」と議論そのものを拒否します。些細なミスでもしようものなら皆の前でさらし者のように叱咤されます。

 

酷いと人格を否定するような言葉を吐くこともあるようです。こんな上司がいたら精神的に追い詰められてしまいますよね。

 

対処法

 

その上司も一応上司です。参考になる事は必ず言っているはずです。それを見つけて、それについては学ぶ姿勢を見せましょう。

 

権威を振りかざすタイプは、逆に言えば認めてほしいのです。認めてほしくて権威を振りかざすのです。

 

なので、受け入れることの出来る意見は受け入れて、それを上司に伝えましょう。「この案件についてのご意見は大変参考になりました。」と一言言っておくのです。

 

そうすることで、一つ確実に認められた上司はほっとすることでしょう。顔では不機嫌でも、心では安堵するのです。

 

それを繰り返して行けば、上司は部下から認められていると思い、頑張って権威を振りかざさなくても部下は認めてくれていると思うことが出来て、部下の話を聞く余裕が生まれて来るでしょう。

[ad#ad2]

2.自分に自信のある自分大好きタイプ

画像引用元http://www.excite.co.jp

特徴

 

上司に仕事の経緯などを説明しようとしても、なぜか途中から自分の思いを強く語り出し、説明を最後まで聞いてくれないのです。

 

しかもそういう上司の考えに限って、状況説明を聞いていないので間違った意見なのです。

 

上司の意見と言えども、間違った意見をお客様や取引先に伝えるわけには行きません。

 

自信があるのは結構なのですが、仕事の状況と自分の考えが合うことばかりではありませんよね。

 

対処法

 

まず最初に一番重要なことを伝えるのはどうでしょうか?「ほうれんそう」の基本中の基本「報告」をガッチリと確実に最初にしてしまいましょう。

 

他が抜けても、「報告」さえきちんとしてしまえば大きくズレて伝わることは無いと思います。そして報告をする時に、書面も同時に作り、見せながら報告をするのです。

 

書面も簡単に読めるように大きめの文字で重要部分は赤字にするなど工夫すると読みやすいですよね。

 

それを読んでいる間はとりあえず黙っていてくれるかもしれません。

 

上司に報告をする時間はなるべく短くし、話をはさむ隙が無い程度にまとめておくと良いと思います。

 

自分の頭の中と現実に起きていることが違うと認識出来て来れば、部下の話を聞こうという気持ちが起きて来るようです。

[ad#ad3]

まとめ

画像引用元http://toyokeizai.net

大きく特徴を2つに分けてみました。外に向かう気持ちと、内に向かう気持ちに分かれているようです。

 

外に向かうタイプは承認欲求が強いことから起きるので「認めてあげる」事から始め、内に向かうタイプは外に気を向けることが苦手なので、「外に意識を向けやすい状況を作ってあげる」ことを意識してみましょう。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA