上司と部下の信頼関係で最高のパフォーマンスを出す方法!

画像引用元http://toyokeizai.net

あなたに部下ができたら、できるだけ信頼関係を築きたいと思うはずです。

 

部下と信頼関係ができた時、必ず抱えている仕事は成果を出すはずです。

 

互いにいがみ合い、いなくなれば良いと思いながら仕事をするのは、最低の仕事しかできません。

 

ここでは、上司と部下の信頼関係には、どんなことが大切か紹介します。

 

  1. 感情だけで会話しない
  2. 必ず良いところを見つける
  3. プライベートに口出ししない

 

それでは見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.感情だけで会話しない

画像引用元http://mainichi.jp

上司になったからといって、仕事場で嫌なことが無いとは限りません。社長であっても、株主がいたり、会長や大手取引先の社長など、上には上がいます。

 

何か、意に添わないこともあるでしょう。さらに、部下がへまを重ねることもありますし、自分の思い通りに動いてくれないこともあるでしょう。

 

しかし、感情的になって部下と対峙してはいけません。常に冷静を保つことは、部下に信頼されるポイントです。

 

冷静沈着な上司はいかなる時でも、部下の憧れの的になるのです。

[ad#ad2]

2.必ず良いところを見つける

 

画像引用元http://www.adoc.co.jp

上司が部下に信頼される最大のポイントは、部下の良いところを見つけしっかりと伝えてあげることです。

 

事実、悪いところばかりを引き出し、部下のお尻に火をつけて燃上がらせるやり方もあるでしょう。

 

しかし、相手の嫌な部分ばかりをつついていたら、自分も相手も、周囲の人間も笑顔からほど遠い場所へ行きついてしまいます。

 

叱るべき部分はあって当然ですが、必ず人前で部下の良いとことも褒めましょう。

 

ミスした事案があっても、悪いところと良いところを両方伝えてあげてください。

 

部下は、「良い部分もしっかりと見ていてくれる」と、信頼するようになるのです。

[ad#ad3]

3.プライベートに口出ししない

画像引用元http://tsubasakaiser.com

今、若い人をはじめ会社での人間関係とプライベートをバッサリと分ける方が多くなっています。

 

プライベートもズブズブの関係性を保つ会社もありますが、基本的にはプライベートに介入するのは好ましくありません。

 

適度な会話では良いですが、「そうなのか!」くらいにとどめ、できるだけ仕事についての前向きな会話をしてあげてください。

 

部下が、信頼をしてくれプライベートの相談に来たら真剣に答えてあげればよいだけです。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元http://and-plus.net

上司と部下の信頼関係で大切なことは、この人についていけば、良い会社人生が待っていると思わせることです。

 

影で、悪口を言われるような上司ではいけません。素晴らしい上司という人は、尊敬される存在となります。これを覚えておきましょう。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA