仕事辞めたい病になったあなたへ。仕事辞めたい病の4つの原因と対策

画像引用元http://ten-navi.com/

仕事辞めたい……と思ってしまうことは誰にでもあるもの。

 

でもそれが毎日続くようなら、もう「仕事辞めたい病」と言ってもいいでしょう。

 

仕事辞めたい病になってしまう原因と対処策を見てみましょう。

 

  1. 職種自体や業務内容が自分と合わない
  2. 仕事の負担が大きくて毎日がつらい
  3. マンネリで先が見えていて息苦しい
  4. 上司や部下などとの人間関係が良くない

では、それぞれ見ていきましょう。

[ad#ad1]

1. 職種自体や業務内容が自分と合わない

画像引用元http://toyokeizai.net

特に新卒の人に目立ちますが、いざ働き始めてから「この仕事は自分には向いてない」と後悔するケースは多くあるようです。

 

もちろん何年も働いたうえで「やっぱり合わないのかも」と嫌気がさすケースもよくあることです。

 

向き不向きは誰にでもあることですが、もしも辞めるつもりならば、そのあとの身の振り方についてはしっかり考えておくべきです。

 

もともと働きだす前のリサーチや心構えが甘く、結果的に転職ぐせがついてしまいかねません。

 

就職市場では「鮮度」と「実績」がものを言います。つまり年齢の若さか、今までのキャリアかです。これは正社員だけでなく派遣やパートでも同じですね。

 

企業が新卒以外を採るというのは、即戦力が必要ということ。

 

今まで何の経験も実績も積みあげていないなら、ただ転職しても今より上の会社に入るのは大変でしょう。

 

積んできたキャリアを今後どう生かせるか、一度よく考えてください。

[ad#ad2]

2. 仕事の負担が大きくて毎日がつらい

画像引用元http://xn--lckwdu620a2bm.com/

与えられる仕事量が多すぎる、仕事でのスキル不足を感じる、拘束時間が長すぎる……。生活のために働いているはずが、エネルギーがほぼ仕事だけに取られていると思う人も多いでしょう。

 

お金を稼ぐために働くことは大切ですが、そのお金は何に使っていますか?

 

仕事のストレスを解消するために浪費していませんか?

 

あるいは仕事の疲労や体調不良のための医療費に消えていませんか?

 

また、今の仕事は将来のキャリアにつながるものでしょうか?

 

修業期間など将来プラスになる形ならともかく、スキルを切り売りするだけで学ぶもののない仕事だと先が思いやられます。

 

目先の収入を追いかけるだけでなく、自分のお金の使い方や働き方の将来性について考えましょう。

 

そしてまずは、今の働き方や自分の負担について会社と相談するのが先決

 

体を壊したり精神を病んだりしたら、お金では埋め合わせがききません。自分の心と体を本気で守れるのは自分だけですよ。

 

3.マンネリで先が見えていて息苦しい

画像引用元https://ikejo.net

仕事内容もそんなに変わらず、同僚の顔ぶれも変わらないといった職場だと、マンネリ感でふさぎこむ人も出てきます。

 

時には「こんな職場にずっといていいのだろうか」と不安になることもあるでしょう。

 

特に公的機関や老舗企業だと、頑張っても頑張らなくても待遇は同じで問題があっても改善できないという部分もありがちですよね。

 

こういう心理になる時は、実は自分の能力や若さについての焦りがあります。

 

その職場自体がダメというよりも、「流されて自分がダメになってしまう=何もできないおっさんおばさんになる」ことへの恐れなのです。

 

言い換えれば、内心で周囲を見下している部分が大きい人とも言えます。

 

ただし、あなたから見てダメな職場であっても、今まで存続しているのは社会から必要とされる部分があるからです。

 

あなた個人はどうでしょうか?何か自分の力だけで社会から必要とされる部分はあるでしょうか?

 

辞めることを考えるより、まずは「何かできるおっさんおばさん」になるよう努力することが先決かもしれません。

 

あなたの人生を腐らせるかどうかは、職場ではなくあなた自身の心構えにかかっています。

[ad#ad3]

4. 上司や部下などとの人間関係が良くない

画像引用元http://zi-gen.com

退職の原因として意外に多いのは人間関係のトラブル。特に、嫌な上司や無責任な部下などの直接の上下関係で問題があると、仕事の進捗にも関わってきます。

 

どんな職場でも人間関係の悩みはつきものと言われます。

 

職場で周囲に迷惑をかける人は、たいてい感情的な上に自分は正しいと思っているタイプなので、まず改心はしません。

 

話し合いでの改善は現実には難しいでしょう。馬鹿の相手も給料のうちと割り切って働き続けるか、刺し違える覚悟で立ち向かうかです。

 

仕事自体に不満がないなら、人間関係だけで退職するのはもったいないですし、時間の流れで自然に解決することもあります。

 

もちろん、ワハラや暴力なら労働基準局や警察に訴えることも視野に入れましょう。

 

私が直接に知っているケースでは、それまでセクハラ大王だった上司が新しく入った派遣さんにいきなり訴えられそうになり、会社があわてて上司を左遷したという事例があります。

 

この派遣さんはご両親が弁護士で本人も帰国子女だったので、泣き寝入りなんてあり得なかったのですね。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元https://motivation-upgrade.com

いかがでしたか?誰もがかかることのある「仕事辞めたい病」。

 

けれど、働き甲斐を感じられて、お給料も十分もらえて、自由な時間も取れて、人間関係も円満で、福利厚生も充実して……と百点満点な仕事に就ける人はほぼいません。

 

「自分のこれから」と、仕事をする上で譲れる点と譲れない点を、よく考えてください。この記事があなたが今のお仕事をもう一度考える上でお役に立てたら幸いです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA