仕事辞めたい看護師のあなたへ

 画像引用元https://j-depo.com

看護師といえば、白衣の天使のイメージですが、実際には患者相手に奮闘する大変なお仕事ですよね。

 

就職難の昨今では、景気に関係なく引く手あまたの国家資格で高収入でもあるので、社会人になってから学びなおして資格を取る人も増えているそうです。

 

しかし実際に仕事に就いたあとで「仕事辞めたい」という声がよく聞かれるのも看護師のようです。数年かけて資格をとったのに、そう思うのはなぜでしょう?

 

もしあなたが看護師や看護師志望なら、他の看護師の「仕事辞めたい」の理由を参考にしてみてください。

 

  1. 適性・スキル不足・プレッシャー
  2. 医師や先輩との人間関係
  3. ライフスタイルとの不一致

 

それでは見ていきましょう。

 

1. 適性・スキル不足・プレッシャー

画像引用元https://kango-oshigoto.jp

こうした悩みを抱えてしまうのは、新卒の看護師や転職したばかりの看護師が圧倒的です。

 

新卒の看護師だと、慣れない環境に加えてフルタイム働くこと自体が初めてで、それだけで消耗します。

 

さらに普通の会社勤めに比べると、親しくなった患者さんが急に亡くなったり、大量の血に動揺して怒鳴られたり、ひとつひとつの出来事もショッキング。

 

落ち込んで「自分には看護師の適性がない」と思い詰めたりしがちです。

 

転職したばかりの看護師はスキル不足を痛感したり、中堅になって指導役に回った看護師がプレッシャーで潰れたりと、働く節目ごとに悩みを抱えるケースが多いようです。

 

そういう時には「そもそも自分は看護師として向いていなかったのでは?」と落ち込んでしまうとのこと。

 

もともと真面目な人が多い上に、人の生死に関与する職業なので、精神面ではかなり来るものもあるのでしょう。

 

2. 医師や先輩との人間関係

画像引用元http://xn--cck6cuc119wz0htl0ap2jbl2a.com

看護師は医療チームで動くことになるので、職場の人間関係は大きなウェイトを占めてきます

 

最近では男性も増えてきていますが、看護師はまだまだ女性が多く、女性が多い職場では陰口や悪口や仲間はずれという問題でもめがちです。

 

看護師は仕事の性質上、気が強い人が多い傾向がありますが、それが攻撃的に出ると他人の悪口や激しい叱責などにつながります。

 

また常に忙しいため、ゆっくり丁寧というよりズケズケと言い切る口調の人も多いです。「いじめではなく指導」と言っても、受け取る側にとっては厳しく響いてしまいます。

 

人によりけりですが、医師はプライドが高くて扱いにくい性格の人も多いです。

 

また、救急医療や外科の手術などでは一刻を争う場面も多く、少しでももたついたら大声で怒鳴られたり足を蹴られたりした看護師さんもざらにいるそうです。

 

こうした人間関係からのダメージを受けて「辞めたい」と思う人は結構います。

 

しかし、もともと何年もかけて看護師の資格を取っているだけに、「職場を」辞めたい人は多くても「看護師を」辞めたい人は少ないようです。

 

3. ライフスタイルとの不一致

画像引用元http://nurse-cube.com

結婚や出産や介護、あるいはメンタルや加齢の問題で、仕事を辞める看護婦さんは多いようです。

 

一般職ですと結婚や出産で退職すると社会復帰は大変とよく言われますが、看護師の場合は専門職ですので、いったん退職しても働き出すのは容易です。

 

仕事内容や人間関係への不満からではなく、子育ての都合や体への負担などに応じた前向きな「仕事辞めたい」を実行できるのは、国家資格であり、景気とは関係なく常に需要のある仕事だからと言えるでしょう。

⇒ おすすめの転職サイト

まとめ

画像引用元http://xn--cck6cuc119wz0htl0ap2jbl2a.com

いかがでしたか?看護師が仕事を辞めたくなる理由は人それぞれですが、中にはうなずけるものもあったのではないでしょうか。

 

この記事があなたの役に立てることを願っています。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA