仕事辞めたい、転職したいあなたへ3つのアドバイス

地獄のような会社生活をいつまで送る気ですか?

今、あなたが辛いのは、あなたのせいではありません!環境のせいです。環境を変えて、自然体で楽しく働ける会社を探してみませんか?

想像してみてください。

「仕事が好き」と言えて、ストレスフリーで毎日を楽しんでいるあなたを。
上司と仲良く気軽にしゃべり、同僚と笑いながら、楽しんで仕事をしているあなたを。

人間関係の根本的な解決は非常に難しいです。結局は転職が最強なのです。

いつでも転職出来る準備をしておいた方が間違いないし、堅実ですよ!

↓リクナビに登録しておこう↓

画像引用元http://any-stress.com

あなたは最近、「仕事辞めたい」と考えていませんか?

 

仕事を辞めるにはいろいろな理由はありますが、単に労働からリタイアするのではなく、転職を考えているのなら、考えておかなければならないことがあります。

 

ここでは転職経験者から「転職を考えていた時に刺さったアドバイス」を集めてみました。参考にしてみてください。

 

  1. しょせん転職はギャンブル
  2. 狭い枠で解決しようとしていないか
  3. 自分で決めたと思えるまで悩み抜け

 

それでは見ていきましょう。

1.しょせん転職はギャンブル

画像引用元http://xn--lck0a4d753sy7i2vholc.net

いくらリサーチを重ね、好条件を確保した上で転職しても、それがうまく行くかどうかは誰にも保障できません。

 

あなたも今の職場で働き始める時には、こんなに「仕事辞めたい」と思うようになるとは考えていなかったでしょう。

 

転職して成功するかどうかは結局のところギャンブルと言えるかもしれません。

 

転職を考える際の落とし穴は、転職さえすればすべての問題が解決するような幻想を持ってしまうことですが、ギャンブルで大当たりがめったに出ないようにすべてが満足できる職場はめったにありません。

 

一回のガチャで激レアを引ける確率を考えてみてください。なので、当たりの職場でなくても「これが普通」くらいに思える心構えが大切。

 

でないと、せっかく転職しても「もっといい職場がどこかにあるはず」とばかり考えて、いつのまにか転職ぐせがついてしまいますよ。

 

2.狭い枠で解決しようとしていないか

画像引用元http://www.mag2.com

「仕事辞めたいな……」と思い詰めてしまった時、あなたは誰に相談していますか?

 

家族や友人、上司や同僚、それとも最初から最後まで一人で決断しますか?

 

転職経験者から実際に聞いた話では、相談して本当に有益だったのは、身近な人よりも少し離れた関係、たとえば親戚や学生時代の友人や趣味のサークルの仲間だったそうです。

 

家族や親友などは「社会人としてのあなた」が見えていないので、情緒的に「合わなければ辞めなさい」とか「もっと頑張れば何とかなる」といった精神論になりがちです。

 

上司や同僚の場合は、こちらの置かれている情況がわかるのはプラスですが、直接的に相手の利害もからむので、結局は都合がいいように誘導されてしまうようです。

 

距離が少し遠い人こそ、意外と冷静かつ客観的にあなたのキャラクターを見ています。

 

特に転職を本気で考えている場合、「周囲から見たあなたの印象」についてアドバイスを求めると良いでしょう。

 

また、身内や親友だと、責任問題になるので気軽には仕事を世話しにくいところが、ただの知人だと気楽に「知り合いだけど会ってみる?」という形で人を紹介してくれて、結果的に転職につながりやすくなるそうです。

 

転職を考え始めたら、まずはそれに備えて人間関係を広げることです。

3. 自分で決めたと思えるまで悩み抜け

画像引用元http://xn--lckwdu620a2bm.com

転職の理由が、志望する業界への転身やキャリアアップならともかく、実際にはネガティブな情況に耐えられずに辞めてしまうことがほとんどです。

 

次の展望をもって辞めるのと、あてもないのに辞めざるを得なかったのとでは、精神的なダメージが段違いです。

 

もちろん身体や精神の病気まで疑われるようなら、すぐにでも辞めたほうがいいでしょう。

 

しかし「自分が」辞めるのに、何かのせいにするのはある意味で責任転嫁といえます。

 

上司のせい、同僚のせい、スキルのせい、環境のせい……。理由はいくらでも思いつくでしょうが、「続けない」主体なのはあなた

 

そして周囲の情況は変わっていくものです。それなのに転職を周囲のせいにすることは、「私は自分の行動を周囲に支配されてしまう人間です」というメッセージを自分の心に刻むことになるのです。

 

そのために、辞めたあともいつまでもダメージを引きずる人もいます。

 

「仕事辞めたい」と思っても、実際に踏み切るのはあなた自身の決断。「自分自身の決断だ」と思えるまで悩み抜きましょう。

 

まとめ

画像引用元http://xn--hckb2c7c8kybz065cz5biw5cztqun2aqf0b.com

いがかでしたか?「仕事辞めたい」と思うのは誰でも一度や二度はあること。いまは生涯ひとつの職場に勤め続ける人のほうが少ないかもしれません。

 

たしかに転職はギャンブルですが、自分の求めるものや心構えがしっかり決まっていたら、そこまで失望させられることもないはず。真剣に検討した上で答えを出しましょう。

 

この記事があなたの参考になればさいわいです。

地獄のような会社生活をいつまで送る気ですか?

今、あなたが辛いのは、あなたのせいではありません!環境のせいです。環境を変えて、自然体で楽しく働ける会社を探してみませんか?

想像してみてください。

「仕事が好き」と言えて、ストレスフリーで毎日を楽しんでいるあなたを。
上司と仲良く気軽にしゃべり、同僚と笑いながら、楽しんで仕事をしているあなたを。

人間関係の根本的な解決は非常に難しいです。結局は転職が最強なのです。

いつでも転職出来る準備をしておいた方が間違いないし、堅実ですよ!

↓リクナビに登録しておこう↓

無料悩み相談!

無料で相談、愚痴聞きますのでお気軽に登録&問い合わせくださいね♪

スマホの方はこちらをタップ!

友だち追加

パソコンの方はこちらスマホで読み取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA