仕事がつらい。社会不安障害かも!?社会不安障害の特徴と対策3つ

画像引用元http://get-job.info

仕事がつらくてしかたがないと言う人にも色々なパターンがあります。

 

自分のメンタル問題で仕事がつらいという人も少なくありませんが、そのひとつに、会不安障害(SAD)があります。

 

社会不安障害は、昔は対人恐怖症などと言われていたもので、極度の人見知りや社交への恐怖などが特徴です。

 

  1. 人との会話や人の視線が怖い。特に上司や権威ある人とはろくに会話できない。
  2. 発言時や食事時や文字を書く時などに他人から注視されると緊張で何もできなくなる。
  3. 他人相手に緊張すると発汗や震えや動悸や腹痛などの身体反応が止まらなくなる。
  4. これほど緊張して悩むのは異様だし恥ずかしいと自分でも意識するが止められない。

 

もしもあなたがこういった症状で仕事がつらいと感じているなら、それは単なる人見知りやあがり症ではなく、社会不安障害のサインかもしれません。

 

社会不安障害と診断された人の声をいくつか並べてみたので参考にしてください。

 

  1. 単純に我慢するだけで克服できるものではない
  2. 仕事がつらいといって退職をしただけでは改善にはつながらない
  3. 専門医の助けと周囲の理解を得る努力が大切
[ad#ad1]

1. 単純に我慢するだけで克服できるものではない

画像引用元http://www.hazimetetensyoku.com

もともと学生時代から人付き合いが苦手だったという三十代女性の話です。

 

最初のうちは、職場のある女性上司に対して極端に緊張したり動悸が起きたりしたそうです。けれど意識しだしたら声も足も震える状態にまでエスカレート。

 

彼女は周囲の人たちの視線にも恐怖するようになり、仕事上の打ち合わせさえスムーズにできなくなりました。

 

それでも彼女は「人見知りを克服しなければ」と必死に働いていたそうです。

 

彼女の様子を心配した他の上司の勧めで、二週間ほど休職すると同時に心療内科に行ってみました。

 

そこで社会不安障害と診断されてはじめて、自分の症状は単なる上がり症や人見知りではないと理解できたそうです。

 

メンタルの疾患では多くの場合、ストレスが発症の引き金になるといいます。

 

仕事にも支障が出てきているのに単純に我慢しているだけでは、ますますストレスが増えて病状が悪化する可能性もあります。早めに心療内科に行ってみましょう。

[ad#ad2]

2. 仕事がつらいといって退職をしただけでは改善にはつながらない

画像引用元http://zi-gen.com

こちらは二十代男性で、大学卒業後に大手企業に就職しました。

 

彼は人に対して極度に緊張するのを自覚していましたが、その企業では新入社員は全員、販売現場での三か月研修がありました。

 

三ヶ月なら何とか我慢できると思っていましたが、販売現場では緊張のあまりお客様対応でのトラブルを連発し、悪目立ちするようになってしまいました。

 

研修が終わって希望通りの内勤部署に配属されてもトラブル連発のショックは根深く、同僚が業務で話しかけてきた時さえも緊張して足ががくがく震え出す状態に。

 

一向に改善されないので、仕事を辞めてしまえばこんな緊張や不安もおさまるだろうと、思い切って入社半年で退職してしまいました。

 

けれどその後は、再就職や面接を考えても緊張と不安で身動きが取れなくなるというジレンマから抜け出せず、一年ほど働けなかったそうです。

 

「仕事がつらい、働くのがいたたまれない」という気持ちはもっともですが、退職や転職ですべて解決するとは限りません。まずは専門医に相談してみましょう。

 

彼はその後は心療内科に通院しはじめ、いまでは症状を軽減して社会復帰できていますよ。

 

3. 専門家の助けと周囲の理解を得る努力が大切

画像引用元http://www.shokugyou.net

社会不安障害は病気のひとつなので、専門医の助けが必要です。

 

「自分の性格のせいだから」「昔からこうだから」とあきらめるよりも、ず診察だけでも受けてみることが大事です。投薬だけでもずいぶん緊張や不安はやわらぐはずです。

 

ですがメンタルの病気ですので、単純に「薬を飲んだ」「カウンセングを受けた」といって即座に治るわけではなく、ある程度の時間は必要です。

 

その間を無事やりすごすために、できるだけ周囲の理解を得るようにしましょう。

 

社会不安障害は病気であって性格の問題ではない、緊張と不安で身体的な不調まで起きてしまう、会話や視線が苦痛な時は人にお使いを頼んだり用件をメールで伝えたりさせてもらいたい、などなど、会社の人はもちろん、家族でも理解が十分とは言えないことがあります。

 

自分で伝えるのが難しいなら、お医者様やカウンセラーに注意事項を書いてもらうといいでしょう。

 

上司や家族が「未熟で甘えているだけ」「ショック療法でもっと恥をかけば治る」などと極論を押しつけて本人を追い詰め、結局は家からさえ出られなくなったケースさえあります。

 

周囲の理解が得られればストレスも軽減され、症状の改善も早まるでしょう。

[ad#ad3]

まとめ

画像引用元http://xn--n8jlg2057dnf8a.jp

誰しも働く以上は、社会との関わりを切り離せません。人と関わるのを難しくする社会不安障害は、働く上でつらい病気ですよね。

 

自分を責めたり悩んだりするよりも、信頼できる専門家の診察を受けてみることが、悩み脱出の早道といえるでしょう。

 

この記事があなたの参考になればさいわいです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA