仕事がつらい!2chなどネットでの叩きや炎上で仕事がつらい方へ

画像引用元http://www.excite.co.jp

働いているとトラブルやクレームに巻き込まれてしまうことは避けられません。

 

そしてSNSや2chなどでの「晒し」や「炎上」も日常茶飯事。

 

仕事の行きがかりで、いわれのない反感や怒りを買って粘着され、働くこと自体つらくなるケースもあります。

 

ここでは何人かネット上のトラブルに遭った人たちのケースを取り上げ、反面教師にしていきましょう。

 

  1. 身内経営のパブを手伝ってデマ書き込みをされたOLのA子さん
  2. 身に覚えのないクレームと写真を拡散されたコンビニ勤務のB美さん
  3. 2chで名前を挙げられてメンタルを崩したベンチャー企業勤務のCさん

 

それでは見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.身内経営のパブを手伝って粘着被害に遭ったA子さん

画像引用元https://enechange.jp

お給料が少ないため、母方の叔父が経営するパブで週末だけ夜のバイトを始めたOLのA子さん。

 

最初はうまくやっていましたが、ある日、叔父とも仲の良い常連客ともめてしまいました。

 

そして一ヶ月ほど経ったある日、A子さんは会社で上司に呼び出されることに。

 

「社内から報告があったが、ネットの掲示板に『△△社の総務部の〇〇××子がこのパブで働きながら売春している』と、うちの社名ごと君の名前が書き込まれていたそうだ。何か心当たりはあるかね?」

 

A子さんはお店では本名や勤務先を伏せていましたが、どうやら叔父が例の常連客に話してしまっていたようです。

 

しかも叔父は「ネットだろ? そんなのあの人が書き込んだとは限らないし、気にしすぎ。それより勤め先で誰かに話したり恨み買ったりしてない?」と取り合ってくれません。

 

勤め先ではA子さんの悪い噂が広まり、きっぱり否定するためにも夜のバイトは辞めざるを得ませんでした。

 

ですがその後も、「身勝手に辞めた」と叔父に嫌味を言われ母にも愚痴を言われ、さらに掲示板の書き込みは過去ログとして残り続けています。

[ad#ad2]

2. 身に覚えのないクレームとデマを拡散されたコンビニ勤務のB美さん

画像引用元http://josei-no-nukege.net

派遣契約を急に切られて、次までのつなぎに地元のコンビニでバイトを始めたB美さん。

 

勤め始めて二週間ほどして、店長からBさんの接客について店にクレームが入ったと注意されました。しかしそのクレーム内容はBさんには覚えがないものでした。

 

その後も何度かBさん名指しでクレームの電話が入ったのですが、その内容が、Bさんがシフトに入っているはずのない時間だったりしました。

 

おかしいと気付いた店長からBさんに「何か人とトラブル抱えてないですか?」とたずねてきました。

 

同じ頃、友人から「これB美じゃない?」とLINEで送られてきたのは、ツイッターで拡散されているらしき「××駅前の〇ーソン、商品をパクっている悪徳店員はこいつ」という写真。

 

目線にモザイクはかかっていますが確かに自分です。

 

ツイート元や関連を必死にたどって調べるうち、高校時代の部活の後輩らしき写真を発見。

 

地元の友人つながりで相手に直接連絡を取ったところ、最後には自分がやったと認めて土下座で謝罪してきました。

 

嫌がらせの理由は「就活に失敗してからずっと家で引きこもっている。たまに行くコンビニで働く先輩を見かけ、自分は働けないのに知り合いが働いているのが不愉快になった」という身勝手なもの。

 

さいわいB美さんはすぐに次の職が決まってコンビニを辞めましたが、今はほとんど接点のない相手が嫌がらせ犯だったのは、B美さんには大きなショックでした。

[ad#ad3]

3. 2chにスレ立てされたベンチャー企業勤務のCさん

画像引用元http://www.kangoshi-kyujin-job.com

大学の先輩の紹介でベンチャー企業に転職したCさん。

 

会社はまだまだ人手が足りないということで、Cさんはすぐ採用担当に抜擢され、連日のように面接に対応していました。

 

ある日、自社の評判を見るためにネットをチェックしていたら、2chで「××社のイヤミな面接官C」として自分の名前が出されているのを発見。

 

しかも「Cはイヤミだし態度デカイ」「△△大出て○○の紹介だからって調子こいてる」「昼はいつも牛丼食ってる貧乏人」「××社にいたのにその割に安そうなスーツ」などとどう見ても社内の人間らしき書き込みまであるのです。

 

あわてて他人のふりで擁護の書き込みをしたところ、かえって「本人だろ?」と煽られてパニックになったCさん。

 

その後も自分のことがしばしば話題に出され、すっかり社内の人間に対して疑心暗鬼になり、メンタルを崩して仕事にも支障をきたすようになりました。

 

煮詰まって、会社に紹介してくれた先輩に打ち明けたところ、きっぱりと「一切見るな、反応するな」と言い渡されました。

 

「誰がやったかは突き止められなくても、真偽不明の匿名情報を真に受ける人間は採用する必要はないんだ」と言われて納得したCさん。

 

その言葉に従って、それからのCさんは自宅でも2chは一切見ないように努めました。

 

やがて仕事の忙しさにそんなことも忘れ、半年ほど経って検索で偶然に2chの内容を目にした時、もう自分の名前は出ていませんでした。

 

ベンチャー企業ゆえに出入りは激しかったので、書き込みの犯人はすでに退職していたのかもしれません。あるいは飽きただけかもしれません。

 

ただ、Cさんはもう2chを見ようとは思っていません。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元https://nanapi.com

いかがでしたか?パブでバイトしていたAさんの例を見ても、情報はどう漏れるかわかりませんし、拡散はあっという間。

 

多少なりともリスクのある行動を取るなら、細心の注意を払いましょう。

 

またB美さんの例のように、ネットでの嫌がらせの大半は被害者と面識があるケースがほとんどという話です。

 

知人の多い環境で働くなら、逆恨みや八つ当たりのターゲットにされないよう、周囲の動向もしっかりキャッチしておきましょう。

 

Cさんのような例もショックですが、ネットの噂については嵐が通り過ぎるのを待つのも現実的な方法のひとつですね。

 

いちいち反応すると沈静化するのが遅くなります。こうした例があなたの悩みの解決に役立てたなら幸いです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA