使えない上司、頼りない上司の対処法2つ

画像引用元http://grapee.jp

本来ならばリーダシップをとり部下をまとめていく存在である上司ですが、頼りない人もいますよね。

 

部下の個性もひとそれぞれなので、逆に振り回されている上司もいるかもしれないです。

 

そんな、使えない上司あなたの周りにいませんか?

 

今回は、使えない上司の特徴と上手につきあっていく方法をまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

 

  1. あまり感情的にならずに落ち着いて対応する
  2. 性格や良いところを見つけてみましょう

 

それでは、順に見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.あまり感情的にならずに落ち着いて対応する

画像引用元http://www.lifehacker.jp

使えない上司の特徴は、仕事のミスがとにかく多いです。とにかく自分自身に余裕がないので、自分の仕事でもいくつか悩みを抱えているかもしれないです。

 

そのうえ、部下の仕事のトラブルなども発生して手に負えない状態になっていませんでしょうか。

 

仕事の指示もおろそかになってくるかもしれないですね。

 

そんな上司をずっと見ているとイライラとしてしまうかもしれないですが、客観的にいつも上司を見るようにしましょう。

 

感情的になってしまうこともあるかもしれないですが、ぐっと気持ちをこらえて落ち着いて対応してあげるようにしましょう。

 

社内のトラブルなどが続くと、書類のチェックミスなども増えてくるかもしれないですね。注意深く見てあげましょう。

[ad#ad2]

2.性格や良いところを見つけてみましょう

画像引用元https://www.pakutaso.com

使えない上司だと、振り回されて疲れてしまうこともあるかもしれないですね。

 

でも、少し余裕のあるときは、「コーヒー買ってきたよ」というような、部下を思いやる気持ちや優しさを感じさせる一面があったりするかもしれないですよね。

 

仕事上で、イライラさせられることは多々あるかもしれないかもしれないですが、少し自分に余裕があるときは部下として上司の心を労わってあげるような時間を持ちましょう。

 

上司も一人の人間です。仕事や部署をまとめなくてはいけないという見えないプレッシャーに打ちひしがれているかもしれないです。

 

「お忙しそうですけど、大丈夫ですか?」など、一言でも声をかけてあげるだけでも、上司の心に余裕が生まれるかもしれないですよ。

[ad#ad3]

まとめ

画像引用元https://www.pakutaso.com

いかがだったでしょうか?使えない上司と同じ部署に配属されてしまったときは、ほんとうに辛い思いをするかもしれないです。

 

しかし、視点を少しでも変えてみると自分自身の心に余裕が生まれてきます。

 

使えない上司だったとしても、上手に付き合っていけたら仕事が楽しくなるかもしれないです。この記事を読んで、少しでも、あなたの力になれたならば嬉しいです。

 

上司があまりにも使えず、あなたの負担がひどくて会社も味方してくれないようなら、転職を考えてもよいでしょう。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA