理想の上司の特徴や条件とは?上司の役割とは?

画像引用元http://toranet.jp

会社での上司との関係、みなさんはうまく行ってますか?

 

仕事上でのやりとりもなかなか意思疎通ができなくて、イライラとストレスが溜まるなんてこともあるかもしれないですよね。

 

部下から見て、理想の上司、上司の役割はどんなものでしょうか。

 

そこで、今回は、理想の上司の条件と上司の役割についてまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

 

  1. 部下の立場になってものごとを考えらる
  2. 権威的すぎない、良い加減でリーダーシップがとれる
  3. 社内の全体の雰囲気をいつも把握できている

 

それでは見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.部下の立場になってものごとを考えらる

画像引用元http://www.workhacker.jp

仕事を指示されて、部下のキャパシティを超えた仕事の量を与えたり、自分のやり方を押し付けるような指導をする上司に困らされた経験があるかたもいますよね。

 

エゴを押し付けられても、苦しめられるだけですよね。

 

ある程度、自由度のある仕事を部下にさせてあげられるかは理想の上司の条件にあるのではないでしょうか。

 

自由にさせてくれるということは、それだけ部下を信頼しているということに繋がります。お互いに信頼しながら仕事ができるのが理想ですよね。

[ad#ad2]

2.権威的すぎない、部下と呼吸を合わせられる上司

画像引用元https://thechange.jp

仕事でミスをしたときに、一方的に怒鳴りつけたりする上司は本当に怖いですよね。

 

あまりにも上司から権威的な態度で指導され続けられると、仕事でのパフォーマンスに悪い方向として影響してくる場合があります。

 

常に心に余裕を持って、部下と無理なく呼吸を合わせながら仕事の指示や報告を聞いてくれるような指導力のある上司が理想ですよね。

 

部下のひとりひとりの個性を考えられることも、上司としての役割として必要な部分なのではないでしょうか。

[ad#ad3]

3.社内の全体の雰囲気をいつも把握できている

画像引用元http://www.mag2.com

社内の雰囲気をいつも察知して、全体に声をかける時も雰囲気を壊さないにできる上司は理想ですよね。

 

たまにはおもしろいことなども言いながら、場の雰囲気を和ませたりして部下の緊張を解くようなことができるのも上司の役割なのではないでしょうか。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元http://www.babylog.jp

いかがだったでしょうか?部下の立場に立ってものごとを考えられる上司がやはり理想ですよね。

 

転職や部署移動など、上司が変わることはあるかと思いますが、信頼できるような理想の上司に出会い、真剣でありつつも、楽しくお仕事ができると日々が充実できて幸せですよね。

 

この記事を読んで、少しでも、あなたの力になれたならば嬉しいです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA