相手によって態度を変える上司の特徴と対処方法

画像引用元http://www.lifehacker.jp

部下である自分には文句ばかりなのに、上司の上司や他の人には態度が全く違う!

 

そんな上司っていますよね。

 

こちらは一生懸命仕事をしているのに、顔を見れば文句ばかり言われたり、けなされたりするのに、他の人にはペコペコ、ヘラヘラしていたり、きちんと会話をしているのを見ると腹立たしいですよね。

 

そんな、相手によって態度をコロコロ変える上司の特徴と対処法を大きく2つのタイプに分けて、その特徴と対処法を紹介します。

[ad#ad1]

1.いじめる対象がいれば誰でもいいタイプ

画像引用元http://goodluckjapan.com

特徴

画像引用元http://www.lifehacker.jp

 

中学生でよくあるいじめって、ターゲットは誰でも良かったりしますよね。

 

気の弱そうな生徒や、うっかり何かで目立ってしまった人が対象になりやすいですよね。

 

そういう人を会社内で見つけては、自分のストレスの捌け口にしているようです。

 

対象は誰でも良いので、他にもっといじめやすい人がいればその人にターゲットが行くようです。

[ad#ad2]

対処法

画像引用元http://www.bngpartners.jp

その上司に「コイツはいじめやすい」と認識されるとターゲットになってしまうので、日頃から気の弱そうな顔や自信の無さそうな態度はなるべく控えましょう。

 

どうしても性格で、そういうのが出てしまうという人は、味方をたくさん作っておくと良いでしょう。人気者はいじめのターゲットになりませんよね。

 

他に相談出来る上司を作ったり、同僚とも常に仲良くしておくなど、他の人があなたを認めていれば、ターゲットになることはないでしょう。

 

2.損得勘定で態度を変えるタイプ

画像引用元http://www.lifehacker.jp

特徴

画像引用元http://sigoto-yametai.biz

上司の上司やお客様の前ではニコニコ、ヘラヘラとゴマすりをしますが、同僚や部下の前ではぶすっとしている人です。

 

こういう人は自分は上手く立ち回っていると自分で思っていますが、回りから見たらその短絡的な考えと幼稚な態度で嫌われていることを自分で分かっていません。

[ad#ad3]

対処法

画像引用元http://ryucoro.hatenablog.com

そのうち自滅するのでほおっておけば良いでしょう。人はそんなに単純ではありません。

 

ゴマをすっているからと言って、上司の上司は機嫌が良くなるわけではないのです。

 

逆に、「こいつゴマばっかすって、部下を大事にしていないな」と思われてしまっているかもしれません。

 

人間が出来ている人はきちんと社内を見ています。損得でしか人を見れない人が、その後順調に出世をしたり評価が上がるとは思えません。

 

あなたはあなたの業務を一生懸命やっていれば、評価される時が必ず来ます。

 

「あんな上司の下でよく頑張ってる」と他の人に思わせるくらいになれば逆に評価対象になることでしょう。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元http://toyokeizai.net

相手によって態度を変える人というのは、人を尊重出来ない人です。

 

相手の内面や考えや気持ちを全く考えることが出来なくて、自分の立場や気持ちばかりに意識が行っているのです。

 

でもそれは逆で、相手を尊重するからこそ、相手に認められることを全く理解していないのです。

 

もし部下であるあなたが出世したり何か業績を上げて社内で表彰を受けたりすれば、途端に上司の態度はころっと変わるでしょう。

 

残念ですがその程度の人間なんだと哀れんであげながら日々対処してやり過ごすのが良さそうですよ。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA