職場の人間関係で女性が陰口や悪口を言う心理と、対処方法【納得】

pawahara2-00360

画像引用元 http://kiirowa.biz

職場の人間関係は面倒だけれど、できれば波風なく穏やかに過ごしたいですよね。

一度こじれてしまうと、友人関係と違って腹を割った付き合いではないだけ、修復が難しくなってしまうのが難しいところです。

女性が複数いる職場でありがちな悩みが、「同僚たちに陰口を言われている」というもの。面と向かって言われるのではない分、かえって嫌みで精神的にこたえます。

ここでは女性特有の陰口を言う心理についての解説や、陰口からどう身を守るかについてを、まとめてみました。どうぞ参考にしてみてください。

[ad#ad1]

女性はどうして陰口を言うのか

gatag-00009146

画像引用元 http://kiirowa.biz

男性ホルモンの関係で、競争心や闘争心は男性のほうが強く持っていると言われます。ですが女性のほうが、一種の人格攻撃である陰口を言っていることが多いようです。

 

これは女性が同性や自分自身に対する評価を、収入などの数字や学歴や職歴、腕力や体力といった客観的に比較できるデータでは判断していないことがひとつの原因らしいです。

 

 

たとえば女性にとって誉め言葉といえる「美人」という評価も「彼氏が素敵」という評価も「結婚生活が幸せそう」という評価も、なにか絶対的な基準があるわけではなく、ずいぶんあやふやなものです。

 

なので、何かの面で相手よりも劣っていても、「別の物差しで見れば私の勝ちよね」という形で解消することが多いのです。何かと優劣をつけて競争しがちな男性とは違いますね。

 

[ad#ad2]

ですが、絶対的な基準がないということは、自分自身に下す評価もその時々で揺らいでしまうということです。「私は他人よりもランクが下なの?」という、恐れと反発の入り混じった気持ちがすっきり解消されることもありません。

 

なので、何かプライベートで不満が出てきたり自信喪失したりすると、他人のマイナス面を叩いて勝ち誇ることで、不安な気持ちを解消しようとする人も出てくるのです。

 

陰口から身を守るには

lig_kanbadega-dosurudansei

ここで、もしあなたが陰口を言われているなら、思い出してみてください。陰口を言っている職場の女性たちは、今までの人生で何か独自に成し遂げたり、具体的な実績を積んできていたりする女性ですか?

それとは真逆な、流されるまま毎日を生きているタイプが多いのではないでしょうか?

陰口を言うタイプの人間は子供である

 

陰口ばかり言っている人の多くは、「自分はこういう信念を持って生きてきた」とか「自分は自分の努力でこんな実績を築いてきた」とかを言えるだけの芯がないようです。

 

つまり、自分なりの物差しを持とうとせず、自分育てをしてこなかった、年だけ取った幼稚な子供といえるでしょう。

 

陰口を言われている時には、まずは相手が子供であることを忘れないでください。陰口を言う人は、結局は誰かに自分の価値を認めてほしい、自信のない子供です。

 

子供と思って対処すること

e1408599972146_1

画像引用元 http://lovemo.jp

大人にとっては、職場は働いて自己実現するための場所です。しかし子供にとっては、自分が気持ちの上で好きに振る舞えることが第一なのです。相手を大人と考えると腹が立ちますが、子供が失礼な態度を取っているようなもの。

 

単純に無視をしたり、自分も悪口を言って対抗したりすると、たいていは泥沼化します。あなたが小学校の先生になって問題児を手なずけるようなもの、とイメージしてください。児童と同じレベルに立って感情的になるような先生は、幼稚すぎますよね。

 

そして子供は、自分中心に好きに振る舞っているようでも、周囲に流されます。

 

陰口の張本人に取り巻きがいたら、よく観察しましょう。その人たちも内心では、「自分も裏では何か言われているんだろうな」と冷たい目で見ていることが多いですよ。また、調子だけ合わせていても、いつまでも幼稚な陰口が続くことに飽き飽きしていたりします。

 

大人として手本を見せる

2013112819005343_0

画像引用元 http://www.mz.reitaku.jp

大人としての手本を見せるよう、陰口やネガティブな話題はスルーして、明るく面白いニュース、楽しい体験などの話題を積極的に振っていきましょう。周囲の雰囲気が変わってくると、張本人も陰口を言えなくなってきますよ。

 

あなたは「なんで私がそこまでしなければいけないの……」と思うかもしれませんね。陰口を言われる人は、上司や同僚に相談して誰かに何とかしてもらおうとしがちです。

ですが、最後にものをいうのは、当事者である自分の心の成熟度です。くよくよ悩み続けて暗くなるよりも、心の余裕を忘れずに接していきましょう。

 

[ad#ad3]

まとめ

いかがだったでしょうか?

陰口を言う人は、自分なりの価値基準を持っていない子供なので、劣等感や被害妄想をこじらせて攻撃してくる、ということでしたね。

そういう人の陰口から身を守るには、子供相手の余裕を忘れないこと。

 

職場なのに子供と付き合わされるのも面倒な話ですが、あなたも職場の一員である以上、雰囲気を変えていくこともできるのを忘れないでください。

 

もちろん、幼稚な子供たちの集まりであっても、数が集まると厄介です。学級崩壊状態になっている場合は、その職場から逃げ出すことも考えましょう。

 

あなたが「辞められない」と最初から決め込んでいると、相手が図に乗って、嫌がらせがエスカレートすることも多いのです。

 

職場での人間関係は難しい部分もありますが、くよくよ悩むよりも、心の余裕を忘れずに過ごしましょう。あなたは幸せに生活を送るために、働いているのですから。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA