退職理由が人間関係、面接でどう言えばいい?

画像引用元http://revaivalroad.com

職場の人間関係が理由で退職をしたというそこのあなた。転職をする面接で前職の退職理由を聞かれたら、どう答えたらいいのか悩みますよね~。

 

正直に「人間関係です、上司のパワハラです。」と答えた日には、「こいつめんどくさい」と思われて採用してもらえなくなってしまいます。

 

前職を人間関係で辞めた場合、次の転職活動の面接でどう答えたらいいのでしょうか? ここで人間関係と答えてしまうのはNGだそうです。ではどんな理由が無難なのか、例を挙げてみました。

⇒おすすめの転職サイトはこちら

[ad#ad1]

1.家業の手伝い

画像引用元http://shingakunet.com

実際に実家や親戚で家業をやっている人にお勧めします。

 

飲食店や農家には繁忙期や人が足らない時があります。そんな時に手助けに行くために辞めたと言えば無難でしょう。人手が足りたり、繁忙期を超えたのでまた職探しをしていると言えば良いでしょう。

 

しかし嘘をつくのはお勧めできません、「何処の店?」と聞かれるかもしれないからです。

 

調べることは無いと思いますが、念のために友人がアルバイトしている店でも良いと思うので、口裏を合わせてくれそうな人を探しておくと良いと思います。

 

2.病気・怪我

画像引用元http://korehido.com

こちらも使い易い理由です。病気・怪我なら仕方がないからです。もちろん嘘なのでそれっぽい事を言うようにしましょう。お勧めは大病、大怪我ではない程度の体の負傷です。

 

自宅の階段で転んで足首を骨折した・・・や、肺炎で入院していた・・・や、仕事は出来なくなったけど命に別状が無いものがいいと思います。

 

自分の代わりに家族を怪我させてしまうのも一つの手です。まさか家族の診断書の提出なんて求められませんから、親などが怪我・病気で、看病のためと言うのもいいと思います。

 

その後症状が安定したり、ヘルパーさんや他の介護者が見つかったのでという理由であれば道徳的にも「ほんとに?」と突っ込まれることも無いでしょう。

[ad#ad2]

3.前向きな理由に置き換える

画像引用元http://www.tensyoku-station.jp

嘘も方便です、仕事の前向きな理由に置き換えてしまいましょう。「違う職場でも自分を試してみたくなった。」、「スキルアップする為にこの職場を希望します。」などです。

 

若い人にしか許されない理由かもしれませんが、良い志望動機だと思いますし、終身雇用の考え方が崩壊している昨今ではとても自然な理由だと思います。

 

ポイントは、“以前の職場でも満足していた”ということをしっかりと伝えることです。

 

人間関係が順調でも、仕事をしていれば、転職やスキルアップは常々考えてもおかしくありません。自分の心に隠していたそういう気持ちを大きく膨らませておきましょう。

[ad#ad3]

まとめ

画像引用元http://www.usamofu.com

人間関係で転職する人は増えているものの、やはり人間関係で辞めた人は採用したくないようです。

 

そんな時に自然に前向きに考えてもらえる志望動機があれば、面接に臨むのが楽になりますよね。仕事が出来るのであれば、面接官も採用したいわけです。

 

どのような理由をこじつけるにしろ、自分が出来る仕事、今までやってきた仕事、次の会社でどのような戦力となるのかを具体的に説明して、面接官をそちらの方向に意識を向かせて、辞めた理由はうやむやにしてしまうといいと思います。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA