上司に対する言葉遣い、マナーが出来ない部下の特徴と原因

 画像引用元https://gakumado.mynavi.jp

上司に対してマナーの悪い態度をとる部下は結構いますよね

 

入社当時は緊張感もあって、礼儀正しい態度で接していることも多いですが、会社に慣れるにつれ態度が横柄になってくる部下もいますよね。

 

ある程度は許せても、度を越えてしまうと怒りを覚えてしまいますよね。

 

そこで、上司に対する言葉遣い、マナーが出来ない部下の特徴と原因や対処法についてまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

 

  1. 正しい敬語やマナーを身につける機会がなかった
  2. 人と会話するのが苦手な部下

 

では、順に見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.正しい敬語やマナーを身につける機会がなかった

画像引用元https://townwork.net

学生の時に自由奔放に過ごし、社会的に必要な言葉の使い方、礼儀作法などの基礎的なマナーを身につける機会がなかった場合がありますね。

 

入社時に研修などを受けて、少しは社会的なマナーを教えてもうらかもしれないですが、時間の経過とともに社会生活になれてしまい、緊張感を無くしてしまいタメ口になってしまったりしますよね。

 

「目上の人を敬う」という意識が根本的にないと自然と敬語からタメ口になってしまうでしょう。

 

社内ではまだいいですが、社外の人と接するときにも同じような態度をするようですとトラブルが発生する場合がありますので

 

ちょっとお互いに嫌な思いをしても注意をすることが必要になりますね。

[ad#ad2]

2.人と会話するのが苦手な部下

画像引用元http://and-plus.net

人見知りで人と会話をするのが苦手な部下もマナーが出来ていなことがあります

 

人と目を見て話せないと、意思疎通ができずお互いに相手のことを信頼することが難しくなってしまいますよね。

 

部下に仕事の説明をしても、本当に理解しているのかどうかわからないという状態が続くこともあります。

 

話し方もしどろもどろで、敬語どころか何を話しているのかわからない場合もありますよね。挨拶やお礼、お辞儀などもちゃんとできていないかもしれないですね。

 

原因としては、子供のころからの育った環境の影響などがあるかもしれないです。

 

両親が夫婦共働きで一人で過ごす時間が多かった場合などは、成長する過程で会話をする時間が少なく人に対する恐怖心を持つ傾向があります。

 

恐怖心があると、基本的に人と会話をするのが苦手になってしまいますよね。この経験が、人見知りの原因になります。

 

しかし、大人になってからでも人見知りは改善することはできます。自分から話すことが苦手な部下がいたとしたら、なるべく話しかけるようにしてあげましょう。

 

「今日はよい天気だね。」、「何か趣味とかはあるの?」など部下に身近なことからを話しかけてみましょう。

 

上司とした立場だけではなく、人として親近感を感じられるような関係になれるようにしていきましょう。

 

心が打ちとけていくと会話もしやすくなり、次第に話し方や立ち振る舞いにも自信をもった堂々とした姿になってくるでしょう。

 

部下だからといって上司である自分に対して敬語を使うのは当たり前だ!と思っている意識があればすこし変えていきましょう。

 

あまり権威を振りかざしてしまうと、パワハラのように受け取られる可能性もあります。

 

部下の態度や心の状態を敏感にくみ取りながら、コミュニケーションをとっていってあげましょう。

[ad#ad3]

まとめ

画像引用元http://menzine.jp

いかがだったでしょうか?部下に言葉遣いや、マナーを身につけさせるのは至難の業かもしれませんが、それも上司の腕の見せ所だと思います。

 

上司である自分に対して、言葉遣いやマナーが出来ていないと社内の雰囲気も悪くなりますし、社外への評価にも影響があります。

 

部下の性格や態度をみながら、正しい敬語を話せたりマナーを守れる社員を教育できるといいですね。

 

この記事を読んで、少しでも、あなたの力になれたならば嬉しいです。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA