部下を仕事に向かわせる育成テクニック!3つの方法を伝授します!

画像引用元https://www.pakutaso.com

仕事を続けていれば、普通は部下ができます。

 

1年、2年、3年目となれば部下をしっかりと育成することを任せられることになりますし、どうやって育てていくべきか、悩んでしまっているかたも多いでしょう。

 

ここでは、部下を上手に育成するためのポイントを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

  1. 頭ごなしの命令は絶対にしない
  2. 部下の相談にはいつでものる
  3. 仕事はプライベートに繋がることを教える

 

それでは見ていきましょう。

[ad#ad1]

1.頭ごなしの命令は絶対にしない

画像引用元http://toyokeizai.net

昔と違い、今の時代はSNSやネットなどで何でも発信、検索できてしまいます。

 

一昔前は、頭ごなしに上司が怒ったことも、周囲の人間や親にしか愚痴ることができませんでした。

 

しかし、今ではネットで検索すれば、理不尽な命令の仕方をする上司は、「無能である」といわれます。

 

つまり、あなたはスッキリするかもしれませんが、相手は無能な馬鹿上司としか思っていません。

 

尊敬していない人に何をいわれようと、馬鹿の遠吠えくらいにしか思われていないのです。

[ad#ad2]

2.部下の相談にはいつでものる

画像引用元http://www.hipstyle.pizza

部下というのは、常に失敗を恐れています。そのため、縮こまったり、勝手な行動を取ってしまい自信を失うのです。

 

部下ができた時、24時間いつでも相談を受ける準備をすると良いでしょう。

 

実際、夜中に連絡がくればこまりますが、そのくらいの器の広さをアピールしてください。あなたという安心できる後ろ盾がいることで、部下は自信を持って自分の意見や行動を起こします。

 

そして、部下の成功をあり得ないほど褒めてください。怒ることも大切ですが、部下に信頼され、成功することで自分が成長できていることを知ってもらうことが必要です。

[ad#ad3]

3.仕事はプライベートに繋がることを教える

画像引用元https://gakumado.mynavi.jp

どんなに、正攻法を使って部下を育成しても、「定時に帰れないとか、ブラック」といわれれば終わりです。

 

今の時代、部下を仕事に熱中させるのは結構難しいといわれます。確かに、無駄な残業は悪ですが、本当に成長したければ時間のことを気にしません。

 

まず、プライベートが大切だからこそ、仕事の充実がプライベートを充実させるということを教えてあげるべきでしょう。

 

仕事ができる人間は付き合う人間のレベルも高く、休日の過ごし方も一流です。プライベートがもっと楽しくなる、ということを伝えてあげてください。

[ad#ad4]

まとめ

画像引用元http://www.kensyu-center.jp

部下を育成するポイントは、仕事をすることの意味をしっかりと、あなたが身をもって教えてあげることです。

 

誰だって仕事をしたくありませんし、機械のような働き方はしたくありません。

 

だからこそ、部下の価値を見いだしてあげるのです。ぜひ、参考にしてみてください。

会社に依存せず、自由に生きよう!!

当ブログ管理人は、会社でクソみたいな人間関係に悩んでいました

しかし、ブログで会社の月給の倍くらい稼げるようになったので、

今は会社を辞めて好きな時に旅行いったり、自由に暮らしてます。

ブログで稼ぐ方法を無料で教えています

よかったらあなたもブログ初めて、自由な生活を送ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA